FORCE

Binary Plist(Visual Studio Code)

ちょっとだけ便利に使える事が増えてきて
Visual Studio Codeの起動時間が増えている今日この頃
Visual-studio-code_20211019110501

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

AdobeアプリケーションのWindows 11対応に関する公式文書

とりあえず英語文書のほうで用意されてたので、とりあえずリンクでも貼っておこうかと。


Can I run my Adobe apps in Windows 11?

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

LG、325インチの8Kテレビ Pixel Resolutionは 27.1ppi

もはや壁。LG、325インチの8Kテレビを発売。価格は1億9000万円相当 https://news.yahoo.co.jp/articles/63b489f3ed9d3638eb3a4fefe3a5280c0bceafdf

 

16:9の横と対角に比は、1.14735
対角が325inchなので、
横幅は、283.3inch (7.2m)
8K は 7680pixelだから
Pixel Resolutionは 27.1ppi
Inter BEEでSONYのCRYSTAL LED見たとき 22ppiでした。
今年発売したラインアップは、ピッチを粗くしてサイズも大きい方向へ行く。
20.16 ppi
16.08 ppi
の2種類。
SONYは、9月Crystal LEDの新ラインアップを出すのですね。
>Cシリーズ、Bシリーズ共にP1.26mm / P1.58mmのピッチサイズを用意

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

そういえばCreative Cloudグループ版で用意されている

Creative Cloud Packager、要はCC 2018までのインストーラー作成ツールのことなんですが、Mac版は32bitアプリなので、macOS 10.15以降じゃ動きません。


ええ動きませんったら。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Creative Cloud.app 5.6.0.788

前からこんなんだったっけ?
MAX対応かしら
20211015-114658

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

10月13日アップデート

Office 365 Business Pro(with Teams)
https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2009112&language=ja

Acrobat 1.007.20099 Planned update, Oct 12, 2021
DC
https://ardownload2.adobe.com/pub/adobe/acrobat/mac/AcrobatDC/2100720099/AcrobatDCUpd2100720099.dmg

Reader
https://ardownload2.adobe.com/pub/adobe/reader/mac/AcrobatDC/2100720099/AcroRdrDCUpd2100720099_MUI.dmg


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

[Acrobat Javascripts]ページ順の入れ替え

ページ順の入れ替えメニューを追加します。

Acrobatjavascripts2

ダウンロード - acrobatjavascripts.zip


奇数ページを偶数ページを入れ替える
Acrobatjavascripts3



逆順にする
Acrobatjavascripts1

セットです

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[AppleScript]リソースフォーク(カスタムアイコン)削除

[OS11]書類“〓〓〓〓〓〓”を保存できませんでした。ファイルがロックされています。
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/10/post-54992b.html
発生時の
『カスタムアイコン』(リソースフォーク)を削除します


ダウンロード - リソースフォーク削除.zip


(*
リソースフォーク(カスタムアイコン)を削除するための
ドロップレット

*)

--------ダブルクリック起動の始まり
on run
--------ファイル選択ダイアログのデフォルトのディレクトリ
set theDefLoc to path to downloads folder from user domain
--------Uniform Type Identifier指定詳しくは http://goo.gl/6jAQa
set theFileType to "public.data" as text
--------↑のファイルタイプをリスト形式に整形する
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
--------【プロンプトの文言改行が使えます\nを入れます
set theWithPrompt to theFileType & (ASCII character 13) & "ファイルをえらんでください" & (ASCII character 13) & ""
--------残りのメッセージ
set theWithPromptMes to "選んだファイルの" & (ASCII character 13) & "拡張子を変更します"
--------ダイアログを出して選択されたファイルは「open」に渡す
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt & theWithPromptMes ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run



--------ドロップ起動のはじまり
on open DropObj
repeat with ObjFiles in DropObj
--------file informationを取得

set aliasDropFilePass to ObjFiles as alias
set theDropFilePass to POSIX path of aliasDropFilePass
log theDropFilePass
--------ファイル名を変更出来るのはファインダーです
try
set theComandText to ("/usr/bin/xattr -d com.apple.ResourceFork \"" & theDropFilePass & "\"") as text
do shell script theComandText
end try
end repeat
end open




 

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

[OS11]書類“〓〓〓〓〓〓”を保存できませんでした。ファイルがロックされています。

M1 OS11
ファイルに『アイコン』が貼ってあると
保存できなくなる症状が出ている。

アクセス権やオーナー・グループに関係なく『保存できなくなる』

『ファイルにアイコン貼ってある書類のは要注意』
Finder>>ファイル選択>>情報を見る>>アイコン部分選択>>カットで
保存出来るようになります。
20211012-222122

アクセス権で不具合出たら疑ってみてください。

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

【AcrobatJS】見開きページを単ページの連続ページに変更する(修正版)

【AcrobatJS】見開きページを単ページの連続ページに変更する
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/07/post-07b14c.html
【AcrobatJS】見開きページを単ページの連続ページに変更する その2
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/07/post-8c91f4.html

こちらの修正版

20211011-204133

↑こちらのように『アートサイズ』が『トリミングサイズ』の外にもある場合
(Acrobatの『PDFを編集』処理で『PDFをトリミング』を実行済みのPDF)
こちらに対応した

ダウンロード - apppagecropmenu.zip

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

Adobe Content Authenticity Initiative (CAI) 記事修正

先日の記事
Adobe Content Authenticity Initiative (CAI)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/10/post-aec82c.html
ですが
どうやらSAP コードは『ACAI』のようです
10月11日のアップデートでバージョン最新が0.2.0.7

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[AppleScript]Dict Arrayの入れ子(ネスト)

20211009-235907


前も書いたと思うんですが…
defaults write hoge.foo.appid '{theDict = {theArray = (STRING);};}'
です

set theComandText to ("defaults write /Users/Shared/Library/Preferences/com.apple.ScriptEditor2.plist '{ \"NSToolbar Configuration Document Toolbar Identifier\" = {\"TB Item Identifiers\" = (\"NSToolbarFlexibleSpaceItem\",\"Show Event Log History Toolbar Item Identifier\",\"NSToolbarFlexibleSpaceItem\",\"Record Script Toolbar Item Identifier\",\"Stop Script Toolbar Item Identifier\",\"Run Script Toolbar Item Identifier\",\"NSToolbarFlexibleSpaceItem\",\"Check Syntax Toolbar Item Identifier\",\"NSToolbarFlexibleSpaceItem\",\"Run Script Application Toolbar Item Identifier\",\"Show View Toolbar Item Identifier\",\"NSToolbarFlexibleSpaceItem\",\"Print Toolbar Item Identifier\");};}'") as text
do shell script theComandText

ダウンロード - nest.scpt.zip

XMLで書いちゃうのもあり

set theComandText to ("defaults write /Users/Shared/Library/Preferences/com.apple.ScriptEditor2.plist \"NSToolbar Configuration Document Toolbar Identifier\" \"<dict><key>TB Item Identifiers</key><array><string>NSToolbarFlexibleSpaceItem</string><string>Show Event Log History Toolbar Item Identifier</string><string>NSToolbarFlexibleSpaceItem</string><string>Record Script Toolbar Item Identifier</string><string>Stop Script Toolbar Item Identifier</string><string>Run Script Toolbar Item Identifier</string><string>NSToolbarFlexibleSpaceItem</string><string>Check Syntax Toolbar Item Identifier</string><string>NSToolbarFlexibleSpaceItem</string><string>Run Script Application Toolbar Item Identifier</string><string>Show View Toolbar Item Identifier</string><string>NSToolbarFlexibleSpaceItem</string><string>Print Toolbar Item Identifier</string></array></dict>\"") as text
do shell script theComandText

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

Adobe CCバージョン対応OSまとめ資料

Tweet新型コロナウイルスのために世の中は大変なことになっていますが みなさん、お元気でしょうか。 集まるのがダメなので勉強会も休止中です。 コロナ禍が終息すれば必ず再開しますのでそれまでお待ち下さい。 Adobe C […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

open com.apple.preferences.configurationprofiles

profiles tool no longer supports installs. Use System Preferences Profiles to add configuration profiles.
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-43fbbe.html

書いた通り。OS11ではprofilesコマンドからmobileconfigを登録出来なくなったので
Scriptを利用して少しでも手数を減らしたい

mobileconfigを開いてプロファイルのシステム初期設定を開くだけですけどね

ダウンロード - openmobileconfig4os11.zip


---■■■■ ダブルクリックの始まり
on run
---プロンプトの文言改行が使えます\nを入れます
set theWithPrompt to "mobileconfigをドロップしてください"
---ファイル選択ダイアログのデフォルトのディレクトリ
set theDefLoc to the path to downloads folder from user domain as alias
---Uniform Type Identifier指定
---詳しくは http://goo.gl/6jAQa Uniform Type Identifier
set theFileType to "com.apple.mobileconfig" as text
---のファイルタイプをリスト形式に整形する
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
---ダイアログを出して選択されたファイルは「open」に渡す
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run


---■■■■ openドロップの始まり
on open DropObj

set theMyPath to path to current application as string


tell application "Finder"
---■■■■ 繰り返しの始まり
repeat with ObjFiles in DropObj
---パスを取得
set theAlias to ObjFiles as alias
set numChkDim to 0
set theFilePath to POSIX path of ObjFiles as text


set theCmdCom to ("open \"" & theFilePath & "\" | open \"x-apple.systempreferences:com.apple.preferences.configurationprofiles\"") as text
do shell script theCmdCom

end repeat

end tell

end open




to doReplace(theText, orgStr, newStr)
set oldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to orgStr
set tmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to newStr
set tmpStr to tmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to oldDelim
return tmpStr
end doReplace

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

Windows 11をさっさと入れてしまうの巻

まあ、そういうことです。

Insider PreviewのBetaでの仮想環境でまあ大丈夫だろうと判断したのと、情報サイトなどの互換性関連の内容あたりを踏まえて、自己責任でさっさと入れてしまいましたよ。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

FileZillaの過去バージョン

https://download.filezilla-project.org/libfilezilla/

えー想像ですけど
10.11とかだと…バージョン3.3なら動作するのでは?ないか?と

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Adobe Content Authenticity Initiative (CAI)

いつだったか?のAdobeMaxで発表になった
Adobe Content Authenticity Initiative (CAI)
https://contentauthenticity.org/

ちなみに今日のアップデートでバージョンが上がった

Adobe-content-authenticity-initiative

exifとかのメタデータの次になる物を目指しているのかな?
『コンテンツの信頼性と出所』を付与して
利用者や閲覧者はそれを
確認できる
https://verify.contentauthenticity.org/inspect
って
ことだと思います

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

[OutLook]引用符挿入

昭和な『おぢさん』からの依頼
選択範囲の行頭に>引用符を挿入します。

ダウンロード - microsoft20outlook.zip

Outlook


tell application "Microsoft Outlook"
set theSelectedText to selected text as text
end tell

set AppleScript's text item delimiters to "\n"
set listSelectedText to every text item of theSelectedText
set numCntList to count of listSelectedText
set numCntText to 1 as integer
set theReplaceText to "" as text

repeat numCntList times
if numCntText is 1 then
set theReplaceText to theReplaceText & (">" & (item numCntText of listSelectedText) as text) as text
else
set theReplaceText to theReplaceText & "\n" & (">" & (item numCntText of listSelectedText) as text) as text
end if
set numCntText to (numCntText + 1) as integer
end repeat
----最後に改行いれる処理(お好みで)
set theReplaceText to (theReplaceText & "\n") as text

tell application "Microsoft Outlook"
set selected text to theReplaceText as text
end tell



--------------文字の置き換えサブルーチン
to doReplace(theText, theOrgStr, theNewStr)
set theOldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to theOrgStr
set theTmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to theNewStr
set theReplaceStr to theTmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to theOldDelim
return theReplaceStr
end doReplace

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

Acrobat21.007.20096xアップデート

Macintosh
DC
https://ardownload2.adobe.com/pub/adobe/acrobat/mac/AcrobatDC/2100720096/AcrobatDCUpd2100720096.dmg
Reader
https://ardownload2.adobe.com/pub/adobe/reader/mac/AcrobatDC/2100720096/AcroRdrDCUpd2100720096_MUI.dmg

エラーになる場合はこちら
[Acrobat]エラーが発生しました。後で再度アップデートを確認してください。 エラー:1636
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-553dfa.html

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

htmlentities

ホームページやBLOG等にHTMLやXMLなんかを投稿する場合の
htmlentities変換
CotEditor用とJedit Ω用
選択部分のテキストを変換します。


ダウンロード - scripts.zip


Htmlentities


tell application "Jedit Ω"
tell front document
set TheTextToEncode to selected text
end tell
end tell

----スラッシュ文字のエスケープ
set TheTextToEncode to my doReplace(TheTextToEncode, "'", "\\'")
set TheTextToEncode to my doReplace(TheTextToEncode, "\"", "\\\"")


set theHtmlEntitiesText to do shell script ("echo \"<?php print(htmlentities('" & TheTextToEncode & "'));?>\" | php")

----改行変換とスペース変換タブ変換はお好みで
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, "\r", "\n")
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, " ", "&nbsp;")
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, "\t", "&#9;")


tell application "Jedit Ω"
tell front document
set selected text to theHtmlEntitiesText
end tell
end tell




--------------文字の置き換えサブルーチン
to doReplace(theText, theOrgStr, theNewStr)
set theOldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to theOrgStr
set theTmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to theNewStr
set theReplaceStr to theTmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to theOldDelim
return theReplaceStr
end doReplace



tell application "CotEditor"
tell front document
set TheTextToEncode to contents of selection
end tell
end tell


----スラッシュ文字のエスケープ
set TheTextToEncode to my doReplace(TheTextToEncode, "'", "\\'")
set TheTextToEncode to my doReplace(TheTextToEncode, "\"", "\\\"")


set theHtmlEntitiesText to do shell script ("echo \"<?php print(htmlentities('" & TheTextToEncode & "'));?>\" | php")

----改行変換とスペース変換タブ変換はお好みで
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, "\r", "\n")
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, " ", "&nbsp;")
set theHtmlEntitiesText to my doReplace(theHtmlEntitiesText, "\t", "&#9;")


tell application "CotEditor"
tell front document
set contents of selection to theHtmlEntitiesText
end tell
end tell




--------------文字の置き換えサブルーチン
to doReplace(theText, theOrgStr, theNewStr)
set theOldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to theOrgStr
set theTmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to theNewStr
set theReplaceStr to theTmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to theOldDelim
return theReplaceStr
end doReplace

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

mobileconfigを使ったフォントインストール

どうなんだろ…
どんなシーンに使うかって言うと…
色々な場所の色々な機材で作業や業務を行う場合かな?たぶん

特定の案件でパッケージで書き出したフォントを
mobileconfigにしておいて
機器ごとにインストールする、帰宅時にプロファイルを削除すれば
デバイスにフォントの実体ファイルが残らない…ぐらいかなぁ
まぁこんなことも出来る程度でいいのかもしれない
完全管理されたデバイスでフォントの許諾管理等にも利用可能かも

1:実体ファイルをインストール
2:Mobileconfigを使ったインストール
Adobeのエンタープライズ利用者の場合は
3:カスタムフォントを利用する方法もある
あとは、通常の各フォントメーカー提供のインストーラ等を利用することになる




プロファイルのシステム環境設定でインストール内容を確認できる

Fontsfontsfonts

↑プロファイルを削除すると、インストールされているフォントファイルも削除されるので管理側としては安心でしょう


インストール先はmobileconfigの記述によって異なる

Confg

mobileconfigの中身はBASE64でフォントファイルが記述されるので
それなりのサイズ感になる。

Fonts_20211002194101

仕組みって言うか、法則はわからなかったが
インストールされるフォントは8桁の数字が付与される。
→たぶんインストールされたデバイスを特定できるんじゃなかろうか?
Fontsfonts

フォントファイルの中身までは確認していないので
メタデータ等が書き込まれるのか?は確認していない。→自分でやってください…笑

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

TPSkyClassicStdN

タイププロジェクトの新書体
TPSkyClassicStdN High Middle Low の3ファミリー
https://typeproject.com/fonts/tpskyclassic

キリギリスほど、跳ねてないけど スマートでいい感じ
ワンポイント使用でポスターやリーフレットに良い感

Fonts

Aiファイルとか?ガリガリ中を見るなら
Visual Studio Codeは、もう必須のエディタです。
https://code.visualstudio.com/

Visual-studio-code_20211001233201


<rdf:li rdf:parseType="Resource">
<stFnt:fontName>TPSkyClassicStdN-CHiB</stFnt:fontName>
<stFnt:fontFamily>TPスカイ Classic StdN</stFnt:fontFamily>
<stFnt:fontFace>High B</stFnt:fontFace>
<stFnt:fontType>Open Type</stFnt:fontType>
<stFnt:versionString>Version 1.0; Revision 1; 2021/05/24 16:06:05</stFnt:versionString>
<stFnt:composite>False</stFnt:composite>
<stFnt:fontFileName>TPSkyClassicStdN-CHiB.otf</stFnt:fontFileName>
</rdf:li>

例えば
同期したAdobeFontsのファイル名わかったりします…だから…って感じですけどね…苦笑

<rdf:li rdf:parseType="Resource">
<stFnt:fontName>AB-kirigirisu</stFnt:fontName>
<stFnt:fontFamily>AB-kirigirisu</stFnt:fontFamily>
<stFnt:fontFace>Regular</stFnt:fontFace>
<stFnt:fontType>Open Type</stFnt:fontType>
<stFnt:versionString>Version 1.00</stFnt:versionString>
<stFnt:composite>False</stFnt:composite>
<stFnt:fontFileName>.46337.otf</stFnt:fontFileName>
</rdf:li>


FWのカッコウが待ち遠しいです
https://fontworks.co.jp/column/10765/
20211001-235153

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

「広告人のためのCSRコミュニケーション入門」PDF版

https://www.jaaa.ne.jp/2021/10/csr-book/
PDF直リンク
https://www.jaaa.ne.jp/wp-content/uploads/2021/10/csr-book-2021.pdf

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

絵馬をスキャンしました


過日、絵馬をスキャンしました。


おもしろい現象の発見がありました。


結論を先に書くと

「木目は、水平配置の色味に対して、垂直配置は、全体(Green)が、75%の明るさとなり、青が減り、赤みが増す。」
(75%の明るさ → つまり、25%暗くなる)
です。


これはどういう事かというと、木目には、照射光の向きに対して拡散反射率に異方性がある。
ということです。


通常配置した木目にTop(真上からの光)ライトが入った時の明るさが
R=100%
G=100%
B=100%
とします。
すると、左右の水平方向から照射光を入れた時の絵馬の明るさは、
それぞれ、
R=85%
G=75%
B=65%
となりました。
かなり、風化した無垢の木目です。

これは、例えば何が起きるかというと、
神社の絵馬を昼間撮影した時と、
夕方の落日近くの水平の照射光で撮影した時に、
光源の(太陽の)赤みがかった照明光とは異なる要因として、
木目が暗くかつ赤くなる
ということです。

より木目の赤みが増す現象となります。

当然ですが、絵馬に塗料で描かれた、例えば白馬の白の値は、
Topライトでも水平ライトでも RGB供に1/255の精度で差がありません。

スキャナは、きちんと校正(シェーディング補正)するので当たり前なのですが。

非常に興味深い現象です。


考えてみれば、短波長ほどに拡散されますので定性的には理解できる現象です。

しかし、実際にこの現象を目の当たりにし、大いに驚かされました。

以上

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

オルソスキャナ OrthoScan-IMAGER  の動画を3本制作しました

■ YouTube チャンネル: iMeasure Inc. ぜひご登録ください。

https://www.youtube.com/channel/UCPX5bwYq1Rz8qiewPd6MrHA/videos




アイメジャーが開発(特許
3件登録)した

正射投影イメージスキャナ : オルソスキャナ

製品名: OrthoScan-IMAGER  の動画を3本制作しました。


20211001-123004

まずは、英語版を公開します。

逐次、見どころポイントをご案内します。

 

基本編

https://youtu.be/Jz_2iTVEllI

 

ファインアート

https://youtu.be/NhZraGoho3E

 

プロ編

https://youtu.be/Or7dPOlvC18

 

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

profiles tool no longer supports installs. Use System Preferences Profiles to add configuration profiles.

Profiles Tool
/usr/bin/profiles  がOS11からinstallをサポートしなくなった。
Mobileconfigを使った設定等を行いたい場合
A:ローカル環境でのMobileconfigはUIを使ってインストールする
B:MDMサーバーから適用させる

かな…他にも何かあるかも…



A:ローカル環境でのMobileconfigはUIを使ってインストールする
完全手作業か
コマンドで(com.hoge.foo.mobileconfigにはmobileconfigへのパスを入れて)

open com.hoge.foo.mobileconfig | open "x-apple.systempreferences:com.apple.preferences.configurationprofiles"

とか?やって
やっぱり手作業で認証していくしかない



B:MDMサーバーから適用させる
JamfNowは1台だけなら無料なので使うといいでしょう
https://app.jamfnow.com/devices

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

rosetta2

実態はここ
/Library/Apple/usr/lib/libRosettaAot.dylib
/Library/Apple/usr/libexec/oah
/Library/Apple/usr/share/rosetta
/Library/Apple/usr/share/rosetta/rosetta

最初のアクセスでUIが起動してインストールを促すので
特に必要ないかな
/usr/sbin/softwareupdate --install-rosetta --agree-to-license



ダウンロード - rosetta2.zip



20210920-163639

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

CommandLineTools

CommandLineTools
Mac OS固有のコマンド群

A:個別インストール:/Library/Developer/CommandLineTools
B:Xcode内蔵:/Applications/Xcode.app/Contents/Developer
C:/usr/bin/SetFileのように/use/bin配下にあるものもある



A:個別インストール:/Library/Developer/CommandLineTools
https://developer.apple.com/download/all/?q=Command%20Line%20Tools

ターミナルを起動させてSetFileと入力して実行すると
インストールUIが起動してインストールできる。
/usr/bin/xcode-select を使ってインストールする方法もある



B:Xcode内蔵:/Applications/Xcode.app/Contents/Developer
Xcodeをインストールする方法でもいい
https://apps.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12



CommandLineToolsとXcodeは同居できるのでバージョンの相違には留意が必要

ダウンロード - xcodeselect.zip



Xcodeselect

Xcode

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ルートユーザーを有効にする

ルートユーザーを有効にする

A:ディレクトリユーティリティ.appを利用する
B:コマンド『dsenableroot』を利用する



A:ディレクトリユーティリティ.appを利用する

Dsenableroot



B:コマンド『dsenableroot』を利用する

ダウンロード - dsenableroot.zip


dsenableroot(8) BSD System Manager's Manualdsenableroot(8)

NAME
dsenableroot -- enables or disables the root account.

SYNOPSIS
dsenableroot [-d] [-u username] [-p password] [-r rootPassword]

DESCRIPTION
dsenableroot sets the password for the root account if enabling the root
user account. Otherwise, if disable [-d] is chosen, the root account
passwords are removed and the root user is disabled.

A list of flags and their descriptions:

-u username
Username of a user that has administrative privileges on this
computer.

-p password
Password to use in conjunction with the specified username. If
this is not specified, you will be prompted for entry.

-r rootPassword
Password to be used for the root account. If this is not speci-
fied for enabling, you will be prompted for entry.

EXAMPLES
-dsenableroot
Your username will be used and you will be queried for both your
password and the new root password to be set to enable the root
account.

-dsenableroot -d
Your username will be used and you will be queried for only your
password to disable the root account.

-dsenableroot -u username -p userpassword -r rootpassword
The supplied arguments will be used to enable the root account.

-dsenableroot -d -u username -p userpassword
The supplied arguments will be used to disable the root account.

Mac OS August 08 2003 Mac OS

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

GoogleSoftwareUpdate.bundle

ローカルドメイン
PKGパッケージを使ってインストールする
ユーザードメイン
dmgからコピーしてインストールする



https://chromeenterprise.google/intl/ja_jp/browser/download/


GoogleSoftwareUpdateの中身とできる場所が異なります。
pkgを使ってインストールすると
/Library/Google/GoogleSoftwareUpdate
/Users/ユーザー名/Library/Google/GoogleSoftwareUpdate
この2つが出来ます。
dmgからコピーしてインストールすると
/Users/ユーザー名/Library/Google/GoogleSoftwareUpdate のみが生成されます


ローカルドメイン
PKGパッケージを使ってインストールするとこちらが生成されて
中に『GoogleSoftwareUpdate.bundle』があります

_20210925_18_58_17


ユーザードメイン
dmgからコピーしてインストールするとこちらのみ
中に『GoogleSoftwareUpdate.bundle』があります
_20210925_19_01_12



『GoogleSoftwareUpdate.bundle』この中にコマンドラインツールがあります
なので
コマンドでアップデート等を行う場合は、デバイスで
Google Chromeのインストール方法を『統一』しておくことが大事です
_20210925_19_11_56

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

Windows 11 Insider PreviewにCS3/CS4/CS5/CS6は入るのかどうか

えーと、ある意味いつものやつですが、つい思い立ってやってみました。
たぶん正式版ではやらない気がするので、Windows 11としては、おそらく最初で最後的なやつです。

というか、次のWindows 12(仮)とかだと、どれもこれも入れる入れないとかの話じゃなくなってる気がするなあ……。


なお今回、そう細かいスクショは出さずに、適宜簡易的な状態で出します。
いやもういいでしょ、詳細なものは。

ちなみに今回は実機じゃなく、仮想環境作ってそっちに放り込んでます。


なお前回はCS5.5を含む各バージョンを5回に分けて記載してますが(その1その2その3その4その5)、今回はCS5.5は外してます(CS6まで終わってから、入れてないことに気付いたのが実際だったりするんですが)。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

AdobeCreativeCloudCleanerTool

最新バージョンは
4.3.0.164
https://swupmf.adobe.com/webfeed/CleanerTool/mac/AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg

Adobecreativecloudcleanertool.

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

(半導体)開発ものがたり 奥山幸佑 出典:日本半導体製造装置協会 SEAJジャーナル 2008年5月〜2014年11月


開発ものがたり
奥山幸佑


SEAJ関連記事


 本資料は、元ルネサス テクノロジ株式会社の主管技師を勤められていた奥山幸佑氏(現 株式会社フローディア 代表取締役社長)が、一般社団法人 日本半導体製造装置協会(SEAJ)が発行している「SEAJ ジャーナル」に、2008年5月より2014年11月まで、34回に亘って寄稿された記事を転載させていただいたものです。

 半導体の基礎原理から、集積回路、VLSI、メモリ等の開発経緯、技術的内容の解説、半導体の社会に対するインパクトに至るまで、同氏の深い理解、経験、洞察に基づく極めて優れた内容の解説記事であると考えます。


半導体の話
出典:SEAJジャーナル
1 はじめに 半導体デバイスによるユビキタス社会の実現-
2 半導体の歴史-その1 19世紀 トランジスタ誕生までの電気・電子技術革新-
3 半導体の歴史-その2 20世紀前半 量子力学の誕生<前期量子論>-
4 半導体の歴史-その3 20世紀前半 量子力学の確立と半導体への応用へ-
5 半導体の歴史-その4 20世紀前半 半導体の夜明け-
6 半導体の歴史-その5 20世紀前半 トランジスターの誕生-
7 半導体の歴史-その6 20世紀後半 集積回路への発展(1)-
8 半導体の歴史-その7 20世紀後半 集積回路への発展(2)-
9 半導体の歴史-その8 20世紀後半 集積回路への発展(3)-
10 半導体の歴史-その9 20世紀後半 集積回路への発展(4)-
11 半導体の歴史-その10 20世紀後半 集積回路への発展(5)-
12 半導体の歴史-その11 20世紀後半 集積回路への発展(6)-
13 半導体の歴史-その12 20世紀後半 集積回路への発展(7)-
14 半導体の歴史-その13 20世紀後半 集積回路への発展(8)-
15 半導体の歴史-その14 20世紀後半 集積回路への発展(9)-
16 半導体の歴史-その15 20世紀後半 半導体メモリの出現-
17 半導体の歴史-その16 20世紀後半 インテルにおける不揮発性半導体メモリとMPUの発明-
18 半導体の歴史-その17 20世紀後半 超LSIへの道-
19 半導体の歴史-その18 20世紀後半 日本における半導体メモリの発展-
20 半導体の歴史-その19 20世紀後半 超LSIへの道-
21 半導体の歴史-その20 20世紀後半 超LSIへの道-超エル・エス・アイ技術研究組合(1)
22 半導体の歴史-その21 20世紀後半 超LSIへの道-超エル・エス・アイ技術研究組合(2)
23 半導体の歴史-その22 20世紀後半 超LSIへの道-ホトリソグラフィ技術と、その成り立ち
24 半導体の歴史-その23 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代 超エル・エス・アイ技術研究組合(3)と日本光学工業におけるステッパー開発経緯
25 半導体の歴史-その24 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代 DRAMにおける日本メーカーの台頭
26 半導体の歴史-その25 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代 DRAMにおける日本メーカーの台頭 その2
27 半導体の歴史-その26 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代 インテルの戦略転換(1) DRAMからの撤退
28 半導体の歴史-その27 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代 インテルの戦略転換(2) MPU戦略
29 半導体の歴史-その28 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代後半から1990年前半 日米半導体摩擦と協定
30 半導体の歴史-その29 20世紀後半 超LSIへの道-1970年代後半から1980年半ば Flashメモリ
31 半導体の歴史-その30 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代後半から1990年前半 Flashメモリ その2
32 半導体の歴史-その31 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代後半から1990年前半 アジアの台頭 その1
33 半導体の歴史-その32 20世紀後半 超LSIへの道-1980年代後半から1990年前半 アジアの台頭 その2
34 半導体の歴史-最終回 未来に向かって-

(追記)


MS-DOS時代のCPU、Z80が産まれる前に、8008 4004をインテルが作っていて、4004は日本の企業(嶋さん)がインテルに開発依頼をしたことがきっかけ、までは知っていました。日本の企業の要求仕様が10進だったのを2進にしたり、とIntelの設計者が工夫をしたことや、4004は、期間限定の独占販売権を日本の企業に与えたことなど、当時の状況が詳しく書かれていて結構面白かったです。

(追記2)


あの嶋さんが登場するページ:

前稿でインテルの最初の4ビット MPU 4004について記 載した。インテルはこのデバイスを共同開発社のビジコンとの契約で1971年から3年間はビジコン以外に販売できない。」
しかしながら、当時、プロセッサを使って様々な小型コンピュータあるいはコンピュータ的な情報機器を作ろうとしているのはビジコンだけではなかった。顧客がいるのにインテルは4004を売れない。」
最も早くインテルにアクセスしてきた企業は大型コンピュータを操作するための簡易端末である「リモート・ター ミナル」を作っていた米国のデータポイント社と、パソコ ンの走りとなるデスクトップ・コンピュータを作っていた日本の精工舎である。

開発資金はビジコンが出資している。これらの事を考えると MPUは日本のビジコンが生みの親と言っても過言ではない。
この年(1968年 )の6 月に小島は、嶋を含めた3人にストアド・プログラム方式 の電卓用の LSI をインテルに発注するためにアメリカ出張を命じている。嶋はビジコンの子会社、電子技研の社員として旅立つ。

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Yumi&#39;s Cells(ユミの細胞たち)

Yumi's Cells
tving
https://yumiscells.tving.com/


 


LINE マンガ
https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000275


Web Toon
https://www.webtoons.com/en/slice-of-life/yumi-cell/list?title_no=478
comic.naver.com
https://comic.naver.com/webtoon/list?titleId=651673


 


 


Original soundtrack Part 1
"If I Could Read Your Mind" (나를 신경 쓰고 있는 건가) Wendy (Red Velvet)
https://www.youtube.com/watch?v=s_EQxQCqR5M


 


Original soundtrack Part 2
"Nightfalling" John Park
https://www.youtube.com/watch?v=PMqVlIdklBk


 




ユミの細胞たち: The Puzzle
Twitter
https://twitter.com/puzzle_skywalk

ユミの細胞たち: The Puzzle 4+
https://apps.apple.com/jp/app/id1564026069

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.skywalkgames.yumithepuzzle

Yumiscells5_20210925001801Yumiscells7_20210925001801Yumiscells9_20210925001801Yumiscells6_20210925001801Yumiscells2_20210925001801Yumiscells3_20210925001801Yumiscells5Yumiscells7Yumiscells2Yumiscells13Yumiscells17Yumiscells18Yumiscells14Yumiscells11Yumiscells12Yumiscells5_20210925001801Yumiscells7_20210925001801

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[Acrobat]エラーが発生しました。後で再度アップデートを確認してください。 エラー:1636

44

AcrobatDCのアップデートがエラー:1636で失敗する場合
(つーか、毎度ですけどね…)
解決方法
Acrobat Update Helper(ARMDC)を更新する
最新のバージョンは1.1.1
場所はこちら
/Library/Application Support/Adobe/ARMDC/Application/Adobe Acrobat Updater.app
単体インストーラーは
AdobeUpdateServerSetupTool運用されている場合はそちらから入手できます
/サーバールート/arm-updates/mac/ARMDC/ARM_update/ARMDC Agent Installer.pkg
AdobeUpdateServerSetupToolの場合--acrobatonlyオプションで新規で更新すれば良いかな

インストーラーpkg(ARMDC Agent Installer.pkg)はダウンロードも出来ます
https://armmf.adobe.com/arm-updates/mac/ARMDC/ARM_update/ARMDC Agent Installer.pkg


参考記事(こちらの記事たちの修正記事でもあります)
Adobe Acrobat Updater.appのバッテンマーク
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/07/post-db55b4.html
【過去記事補足】[Acrobat]AdobeARMDCHelper
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/06/post-5b6386.html
[Acrobat]AdobeARMDCHelper
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/05/post-ddb7a3.html

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[Adobe]CCX Process

だから…もう…
先日の[Adobe]CoreSyncと同じ
CCX Processの2021年9月14日時点の最新バージョンは
4.5.2
SAPCodeはCCXP

productVersionでは4.5.2.12が最新

platform id="osx10-64"
languageSet productCode="adobeCode_NonRibs" name="LS1"
installSize="0"
packageCode="{CCXP-4.5.2-64-ADBEADBEADBEADBEADBEAD}"
packageType="hdPackage"
baseVersion="2.2.1"
productVersion="4.5.2.12"

uwpProduct="false"
maintenanceBuild="false"

82

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Asix USB Ethernet driver

https://asix.com.tw/en/support/download

AX88178A 10/100/1000M (USB3) OS11
https://asix.com.tw/en/support/download/file/1147?time=1631414733357
AX88772C 10/100/1000M
https://asix.com.tw/en/support/download/file/1110?time=1631412832865
この2つはいらん
AX88772B 10/100M
AX88772A 10/100M

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[Adobe]CoreSync

CoreSync 2021年9月11日時点での最新バージョンは
エンタープライズ環境の方の場合はAdobeUpdateServerSetupTool運用していれば
サーバールート/ACC/services/ffc/products にXML形式で生成されるテキストから
こんな感じで
"<SAPCode>COSY</SAPCode>
<prodVersion>4.19.0</prodVersion>
<mediaLEID></mediaLEID>
<baseVersion>2.4.1</baseVersion>
<productVersion>4.19.0.12</productVersion>"
取得できます。
SAPCodeはこちらを参照してください

自分のバージョンは
コマンドラインで
defaults read '/Applications/Utilities/Adobe Sync/CoreSync/Core Sync.app/Contents/Info.plist' 'CFBundleVersion'


aamプロトコル Adobe Application Managerは最新の環境では使われないことになっているので
aamで渡された値はadobecreativecloudが引き続き処理している(と、思われる)
"<uri version="default">aam://SAPCode=COSY</uri>
<uri version="2.0.0.0">aam://SAPCode=COSY?version=4.19.0</uri>
<uri version="3.0.0.0">aam://adobecreativecloud/?SAPCode=COSY&amp;version=4.19.0</uri>"


Adobe Application ManagerはCCの2013ぐらいまで?はあったかな?(もう環境がないので確認できながいが)
/Applications/Utilities/Adobe Application Manager/core/Adobe Application Manager.app
こちらがある場合はCOSY=CoreSyncのバージョンが4.19になっていない(4.19にすると逆に不具合あるかもよ)可能性がある

Adobe Application Manager.appが『ある環境』『ない環境(こちらが現時点の正解)』で
CoreSyncやアップデートの動作が左右される(aamプロトコルがAdobe Application Managerにわたされるため)

古い環境をアップデート〜アップデートでやってきた機材の場合
不具合感じるならクリーンインストールしないと結果解決できない事が多いのでは?ないかい
(もうAdobe Application Manager環境はないので調べられないけど)

Adobe Application Managerは内部的にswfファイル持っているので
Flash環境がある程度は必要だから、セキュリティ系の設定でカスタマイズしてる場合は
その時点でAdobe Application Manager起動しなかったりするし…


ちなみに
Adobe Application Managerの最終版はFTPサイトには、まだある…けど
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/creativesuite/cc/mac/ApplicationManager10.0_all.dmg
もう
あきらめたホウが良いよ…笑 旧環境は…
Screencapture-20210911-182246

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[developer.adobe.com]SDK

要ログインです
久しぶりにログインしたら各種2021版出てた
201x年あたりからメンテナンスされていない物も多数…
https://developer.adobe.com/console/servicesandapis


Illustrator
https://www.adobe.io/illustrator/

Adobe Acrobat
https://opensource.adobe.com/dc-acrobat-sdk-docs/acrobatsdk/


Screencapture-20210905-214105


Screencapture-20210905-214314

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(まとめ)

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その1)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-ff0078.html
ファイルのオープンとクローズの部分を説明しました
-----------------------------------------------------------
【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その2)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-c64e63.html
フォーム名の取得部分を説明しました
-----------------------------------------------------------
【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その3)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-d081da.html
各フォーム名のフォームの値の取得を説明しました
-----------------------------------------------------------
【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その4)
スクリプトの全体
-----------------------------------------------------------
サンプルデータとスクリプトダウンロード

ダウンロード - getformvalue.zip


-----------------------------------------------------------

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その1)

【Acrobat】Acrobatフォームでデータ印字(その1)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/cat75986021/index.html
この記事で
タブ区切りテキストのデータから
フォームPDFをデータの件数分作成するってのをやりました。
------------------------------------------------------------------------
その発展形で
【Acrobat】Acrobatフォームでデータ印字(はがき宛名)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/08/post-ba955e.html

やりました
------------------------------------------------------------------------
今度は、その逆で
入力済みフォームPDFから各フォームの値を取得して
タブ区切りテキストにします。
------------------------------------------------------------------------
Acrobatフォームでデータ印字とほぼ同じ処理を
逆にやるだけです。
AppleScriptのいいところと
JavaScriptのいいところ取りです。
例えば
ファイルのオープンとクローズ
ファイルの選択はUIが使えるのでやっぱりAppleScript
Acrobat内の処理、ファイルのオープンとクローズはJavaScript

行った感じで処理しています。

(*
サンプル
PDF
開いて閉じるだけの部分



*)

on run
set theDefLoc to (path to desktop from user domain) as alias
set theFileType to "public.pdf,com.adobe.pdf" as text
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
set theWithPrompt to theFileType & "PDF\nをえらんでください\n"
set theWithPromptMes to "PDFフォームファイルを選んでください"
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt & theWithPromptMes ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run


on open objOpenFile
tell application "Adobe Acrobat" to activate
repeat with objFiles in objOpenFile
set theTemFilePath to POSIX path of objFiles as text
tell application "Adobe Acrobat"
activate
--////////////////ファイルを開く
do script "app.openDoc(\"" & theTemFilePath & "\");"

---////////////////ファイルを閉じる
do script "closeDoc();"
end tell
end repeat

end open


続く

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Type Projectのスタッフブログ はじまりました

Aae53cca9d0cb2afdb453970f9f67ca22048x974

https://typeproject.com/staffblog/

どうでしょう…
もう一般ユーザー置いておいて、マニアック路線希望ですね♪
今後に期待 

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その2)

フォームの『名前』を取得します。
フォームの値を取得するのに必要なのが

this.getField(フォームの名前).value;


なりますので
フォームの名前を取得する必要があります
ここで処理するのは
1:何個フォームがあるか?
2:各フォームの名前を取得する となります

Screencapture-20210904-163847
------------------------------------------------------------------

(*
サンプル
PDFフォームの名前を取得する部分



*)

set theFldNUM to "" as text
set theFldCntNUM to 0 as integer
set theTitleText to "" as text

tell application "Adobe Acrobat"
----activate
--////////////////テンプレートファイルを開く
---do script "app.openDoc(\"" & theTemFilePath & "\");"
--////////////////開いたファイルを処理
tell window 1
do script "console.show();"
do script "console.clear();"
do script "var theFildNo = this.numFields"
set theFldNUM to (do script "theFildNo") as text

repeat theFldNUM times
do script "var theFildTitle = this.getNthFieldName(" & theFldCntNUM & ")"
set theFildTitleText to (do script "theFildTitle") as text
set theTitleText to ("" & theTitleText & theFildTitleText & "\t") as text
set theFldCntNUM to (theFldCntNUM + 1)
end repeat

set theTitleText to ("" & theTitleText & "") as text

log theTitleText

---////////////////ファイルを閉じる
----do script "closeDoc();"
end tell
end tell

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その3)

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その2)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-c64e63.html
こちらで
『フォームの名前』は取得しました
この時に『フォームの数』も取得していますので
ひとつずつ
this.getField(フォームの名前).value; を繰り返します。

Screencapture-20210904-164839


-----------------------------------------------------------------

(*
サンプル
フォームの名前を取得して
から
各フォームの名前の値を取得します。



*)




set theFldNUM to "" as text
set theFldCntNUM to 0 as integer
set theTitleText to "" as text

tell application "Adobe Acrobat"
----activate
--////////////////テンプレートファイルを開く
---do script "app.openDoc(\"" & theTemFilePath & "\");"
--////////////////開いたファイルを処理
tell window 1
do script "console.show();"
do script "console.clear();"
do script "var theFildNo = this.numFields"
set theFldNUM to (do script "theFildNo") as text

repeat theFldNUM times
do script "var theFildTitle = this.getNthFieldName(" & theFldCntNUM & ")"
set theFildTitleText to (do script "theFildTitle") as text
set theTitleText to ("" & theTitleText & theFildTitleText & "\t") as text
set theFldCntNUM to (theFldCntNUM + 1)
end repeat

set theTitleText to ("" & theTitleText & "\n") as text



set theFldCntNUM to 1 as integer

set AppleScript's text item delimiters to {"\t"}
set listTitleText to (every text item of theTitleText) as list
set AppleScript's text item delimiters to {""}

repeat theFldNUM times
set theFormValue to (item theFldCntNUM of listTitleText) as text
log theFormValue
do script "var theFormValeText = this.getField(\"" & theFormValue & "\").value;"
set theFildValeTText to (do script "theFormValeText") as text
set theTitleText to ("" & theTitleText & theFildValeTText & "\t") as text

set theFldCntNUM to (theFldCntNUM + 1)
end repeat

set theTitleText to ("" & theTitleText & "\n") as text


theTitleText

---////////////////ファイルを閉じる
----do script "closeDoc();"
end tell
end tell

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その4)

【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その1)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-ff0078.html
ファイルのオープンとクローズの部分を説明しました
-----------------------------------------------------------
【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その2)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-c64e63.html
フォーム名の取得部分を説明しました
-----------------------------------------------------------
【Acrobat】PDFフォームの値を取得して集計まで(その3)
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/2021/09/post-d081da.html
各フォーム名のフォームの値の取得を説明しました
-----------------------------------------------------------
あとは取り出したデータを整形してテキストファイルにするだけです。
タブ区切りテキストにします
(エクセルにペーストするのに一番便利だからね)

Screencapture_20210904_15_53_36
-----------------------------------------------------------

(*
複数の入力済みフォームPDFから
値を取り出す
20210904 V1 初回作成

フォームからデータを取り出して
タブ区切りテキストにします



*)

on run
set theDefLoc to (path to desktop from user domain) as alias
set theFileType to "public.pdf,com.adobe.pdf" as text
set AppleScript's text item delimiters to {","}
set theFileTypeList to every text item of theFileType
set theWithPrompt to theFileType & "PDF\nをえらんでください\n"
set theWithPromptMes to "PDFフォームファイルを選んでください"
open (choose file default location theDefLoc ¬
with prompt theWithPrompt & theWithPromptMes ¬
of type theFileTypeList ¬
invisibles true ¬
with multiple selections allowed without showing package contents)
end run


on open objOpenFile
--////////////////テキストエディットを起動しておきます
tell application "TextEdit" to activate
--////////////////アクロバットを起動しておく
tell application "Adobe Acrobat" to activate
--////////////////アクロバットが完全に起動するのを待つ(環境依存で任意の値を指定してください)
delay 5
--////////////////各値初期化
set theFldNUM to "" as text
set theTitleText to "" as text
set theValeText to "" as text
set theTitleChk to 0 as integer
set theFileCnt to 0 as integer
--////////////////オープンした数だけ繰り返し
repeat with objFiles in objOpenFile
--////////////////フィールド数は0から
set theFldCntNUM to 0 as integer
--////////////////開くファイルのUNIXパスを取得
set theTemFilePath to POSIX path of objFiles as text
tell application "Adobe Acrobat"
activate
--////////////////コンソール見たい時用
---do script "console.show();"
---do script "console.clear();"
--////////////////ファイルを開く
do script "app.openDoc(\"" & theTemFilePath & "\");"
delay 0.5
--////////////////フォームの名前を取得する
--////////////////最初の1回だけフォームの名前を取得する
if theTitleChk = 0 then
--////////////////フォームの数を数える
do script "var theFildNo = this.numFields"
--////////////////AppleScript用にテキストにして戻す
set theFldNUM to (do script "theFildNo") as text
--////////////////フォームの数だけ繰り返し
repeat theFldNUM times
--////////////////順番にフォーム名を取得
do script "var theFildTitle = this.getNthFieldName(" & theFldCntNUM & ")"
--////////////////AppleScript用にテキストにして戻す
set theFildTitleText to (do script "theFildTitle") as text
--////////////////タブ区切りテキストにして整形
set theTitleText to ("" & theTitleText & theFildTitleText & "\t") as text
--////////////////カウントアップ
set theFldCntNUM to (theFldCntNUM + 1)
end repeat
end if
--////////////////次からフォーム名は取得しないためにカウントアップ
set theTitleChk to (theTitleChk + 1) as integer
--////////////////フォームの値を取得する
--////////////////繰り返し値の初期化
set theFldCntNUM to 1 as integer
set AppleScript's text item delimiters to {"\t"}
--////////////////フォーム名をリストにする
set listTitleText to (every text item of theTitleText) as list
set AppleScript's text item delimiters to {""}
--////////////////最初の列数のカウントアップ
set theFileCnt to (theFileCnt + 1) as integer
--///////////////最初の1列目をNoをいれてタブで区切っておく
set theValeText to ("" & theValeText & theFileCnt & "\t") as text
--///////////////フォーム数だけ繰り返す
repeat theFldNUM times
--///////////////順番にリストにしたフォーム名を取得して
set theFormValue to (item theFldCntNUM of listTitleText) as text
--///////////////フォーム名の値を取得する
do script "var theFormValeText = this.getField(\"" & theFormValue & "\").value;"
--////////////////AppleScript用にテキストにして戻す
set theFildValeText to (do script "theFormValeText") as text
--////////////////タブ区切りテキストにして整形
set theValeText to ("" & theValeText & theFildValeText & "\t") as text
--////////////////カウントアップ
set theFldCntNUM to (theFldCntNUM + 1)
end repeat
--////////////////1つのファイルの値の取得が終わったら改行する
set theValeText to ("" & theValeText & "\n") as text
---////////////////ファイルを閉じる
do script "closeDoc();"
end tell
end repeat
--////////////////フォーム名のタイトル部を整形
set theTitleText to ("No\t" & theTitleText & "\n") as text
--////////////////取得したフォームの値と合わせて整形
set theValeText to (theTitleText & theValeText) as text
---////////////////出来上がった値をテキストファイルにする
set theDesktopUnixPath to POSIX path of (path to desktop folder from user domain) as text
set aliasDesktop to (path to desktop folder from user domain as alias) as text
set theSaveFile to (aliasDesktop & "フォームデータ.txt") as text
set theSaveFileName to ("フォームデータ.txt") as text
---////////////////先に空のテキストファイルを作っておく
tell application "Finder"
set theFolder to ((aliasDesktop) as alias)
try
make new file at aliasDesktop with properties {name:(theSaveFileName)}
end try
set theOutPutFile to (((aliasDesktop) as text) & ((theSaveFileName) as text)) as alias
end tell
---////////////////空のテキストファイルを開いて値を流し込む
tell application "TextEdit"
open theOutPutFile
tell document 1
set its text to theValeText
end tell
save document 1
end tell
end open

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

そろそろM1買ってもいいかも

20210831-94122

https://helpx.adobe.com/indesign/using/whats-new.html

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[AppleScripts]WIFIバーコードを作成(データマトリックス)

ダウンロード - wifibarcode.zip

(*
WIFIバーコードをダウンロードします
アンドロイドで使われる
データマトリックス形式
tec-it.comAPIを使います


*)
--設定2項目
--SSID
set theSSID to "wifiB"
--パスワード
set thePSK to "password"


---------------------------------------------------------
set theMakeQrCodeUrl to ("https://barcode.tec-it.com/barcode.ashx?code=DataMatrix_Wifi&multiplebarcodes=false&translate-esc=false&data=WIFI%3AT%3AWPA%3BS%3A" & theSSID & "%3BP%3A" & thePSK & "%3B%3B&unit=Fit&dpi=360&imagetype=Png&rotation=0&color=%23000000&bgcolor=%23ffffff&codepage=Default&qunit=Mm&quiet=10&hidehrt=False&eclevel=M&dmsize=Default") as text


try
set theComandText to ("curl -L -o ~/Downloads/" & theSSID & ".dm.png '" & theMakeQrCodeUrl & "' --connect-timeout 20") as text
do shell script theComandText
on error
"ダウンロードに失敗しました"
return
end try

set theFilePath to ((the path to downloads folder from user domain) & theSSID & ".dm.png") as text

tell application "Finder"
activate
open folder (the path to downloads folder from user domain)
select theFilePath
end tell

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

[AppleScripts]WIFIバーコードを作成(QR)


ダウンロード - wifiバーコード.zip


(*
WIFIバーコードをダウンロードします
iosで使われる
QR形式
googleAPIを使います


*)
--設定2項目
--SSID
set theSSID to "wifiA"
--パスワード
set thePSK to "password"

---------------------------------------------------------

set theMakeQrCodeUrl to ("https://chart.googleapis.com/chart?&cht=qr&chs=540x540&choe=UTF-8&chld=Q&chl=WIFI:S:" & theSSID & ";T:WPA;P:" & thePSK & ";;") as text



try
set theComandText to ("curl -L -o ~/Downloads/" & theSSID & ".qr.png '" & theMakeQrCodeUrl & "' --connect-timeout 20") as text
do shell script theComandText
on error
"ダウンロードに失敗しました"
return
end try
set theFilePath to ((the path to downloads folder from user domain) & theSSID & ".qr.png") as text

tell application "Finder"
activate
open folder (the path to downloads folder from user domain)
select theFilePath
end tell

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[Adobe Developer]Acrobat & Acrobat Reader DC Release Notes

Adobe Developer

Acrobat & Acrobat Reader DCページがデザイン変更(残念ながら中身は…)
https://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotesDC/index.html

20210825-100901

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

【Acrobat】Acrobatフォームでデータ印字(はがき宛名)

【Acrobat】Acrobatフォームでデータ印字(その1)の続編
https://force4u.cocolog-nifty.com/skywalker/cat75986021/index.html

ハガキPDFフォームのデータPDF作成

こんな感じのハガキのフォームを
Screencapture-20210821-172947

データ読み込みで個別のPDFにします
Screencapture-20210821-173029

出来上がりPDFは氏名データでファイル名定義して保存します
Screencapture-20210821-173125

ダウンロード - makehagakidataprintpdfform.zip

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

[Adobe] HUM.dylibのバージョンを取得する

Adobe Remote Update Manager version : 2.6.0.9LINKに出てくる
HUM.dylibのバージョンを取得する方法

要コマンドラインツール
otool→llvm-otoolが必要です
/Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/llvm-otool

コマンドラインツールのインストールは
xcode-select --install を実行するとユーザーインターフェイスが起動してインストールされる

otoolでバージョンを取得できるのはdylibにplistが埋め込まれている場合に限るので
dylibの作者次第となります。
(Adobe系のdylibでも取得できない物もあります)


ダウンロード - getdylibver.scpt.zip


set theDylibPath to "/Library/Application Support/Adobe/Adobe Desktop Common/HDBox/HUM.dylib"

--要コマンドラインツール
try
set theCommand to ("otool -P \"" & theDylibPath & "\"") as text
set theDylibPlist to (do shell script theCommand) as text
on error
try
do shell script "xcode-select --install"
end try
end try
---不要なデータを削除して
set theDylibPlist to doReplace(theDylibPlist, "" & theDylibPath & ":", "")
set theDylibPlist to doReplace(theDylibPlist, "(__TEXT,__info_plist) section", "")
---テキストデータにする
set theCommand to ("echo \"" & theDylibPlist & "\" > /private/tmp/Dylib.plist") as text
do shell script theCommand
---XML形式のplistをバイナリに→この時にXMLが整形されるのでエラー避け
set theCommand to ("plutil -convert binary1 /private/tmp/Dylib.plist") as text
do shell script theCommand
---バージョンを取得する
set theCommand to ("defaults read \"/private/tmp/Dylib.plist\" \"CFBundleVersion\"") as text
set theDylibVer to (do shell script theCommand) as text

---ログ
log theDylibVer
return theDylibVer

#################################
to doReplace(theText, orgStr, newstr)
set oldDelim to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to orgStr
set tmpList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to newstr
set tmpStr to tmpList as text
set AppleScript's text item delimiters to oldDelim
return tmpStr
end doReplace

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加