mottainaiDTP

大阪DTPの勉強部屋でInDesignのことも。

告知・その2です。 先に告知した<a href="http://mottainaidtp.seesaa.net/article/451204397.html" target="_blank">大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】</a>の前日である2017年7月15日(土)に、大阪DTPの勉強部屋・26回勉強会に登壇します。タイトルは『もうちょっとラクしたい人のための「検索/置換」つかいこなし術[拡大版]』。InDesignに関するものです。 <a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/InDesign20CCScreenSnapz004.png" target="_blank"><img border="0" alt="InDesign CCScreenSnapz004.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/InDesign20CCScreenSnapz004-thumbnail2.png" width="530" height="375"></a> 内容はINDD2016でお話ししたものがベースになっています。あの時は45分(40分でしたっけ?)という短い時間だったので話を思い切り圧縮せざるを得なかったのですが、今回は倍以上のお時間をいただけたので詳しくお話ししたいと思います。あの時はお話しできなかった情報も追加しますので、INDD2016に参加された方もぜひよろしくお願いします。 なお、文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)による『見ているのに見えていないデジタルの文字』というセッションもあります。今年のPAGEで大好評だったものの拡大版とのこと。ものかのさんのお話はとても分かりやすくて文字に関する混乱を丁寧に解きほぐしてくれます。DTPやWebに携わる方なら、一度はお聞きになっておくべきだと思います。 お申し込みは http://www.osakadtp.com/?p=3440 から。よろしくお願いします。<a></a>告知・その2です。

先に告知した大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】の前日である2017年7月15日(土)に、大阪DTPの勉強部屋・26回勉強会に登壇します。タイトルは『もうちょっとラクしたい人のための「検索/置換」つかいこなし術[拡大版]』。InDesignに関するものです。

InDesign CCScreenSnapz004.png

内容はINDD2016でお話ししたものがベースになっています。あの時は45分(40分でしたっけ?)という短い時間だったので話を思い切り圧縮せざるを得なかったのですが、今回は倍以上のお時間をいただけたので詳しくお話ししたいと思います。あの時はお話しできなかった情報も追加しますので、INDD2016に参加された方もぜひよろしくお願いします。

なお、文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)による『見ているのに見えていないデジタルの文字』というセッションもあります。今年のPAGEで大好評だったものの拡大版とのこと。ものかのさんのお話はとても分かりやすくて文字に関する混乱を丁寧に解きほぐしてくれます。DTPやWebに携わる方なら、一度はお聞きになっておくべきだと思います。

お申し込みは http://www.osakadtp.com/?p=3440 から。よろしくお願いします。

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】に登壇します。

告知・その1です。 2017年7月16日(日)に<a href="http://www.osakadtp.com/glyphs2017/" target="_blank">大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】</a>に登壇します。 フォント作成ツールGlyphsを既に使っている方はもちろん、「これから使ってみたい」「ちょっと興味がある」という方にもきっと楽しんでいただける1日になると思います。ぜひともご参加ください。 英MonotypeのタイプデザイナーでありGlyphsの日本語ローカライズ、「ハンドブック」の日本語訳を手掛けている大曲都市さん(@Tosche_J:http://tosche.net/)のお話を日本で聞ける機会はめったにありません。文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)も登壇します。私自身、お二人のお話を聞くのが楽しみでたまりません。 お申し込みは http://www.osakadtp.com/glyphs2017/ から。Glyphsの楽しさを知って、Glyphs仲間になってくれる方が増えると嬉しいです。 <a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0625a.png" target="_blank"><img border="0" alt="0625a.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0625a-thumbnail2.png" width="530" height="411"></a><a></a>告知・その1です。

2017年7月16日(日)に大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】に登壇します。
フォント作成ツールGlyphsを既に使っている方はもちろん、「これから使ってみたい」「ちょっと興味がある」という方にもきっと楽しんでいただける1日になると思います。ぜひともご参加ください。

英MonotypeのタイプデザイナーでありGlyphsの日本語ローカライズ、「ハンドブック」の日本語訳を手掛けている大曲都市さん(@Tosche_J:http://tosche.net/)のお話を日本で聞ける機会はめったにありません。文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)も登壇します。私自身、お二人のお話を聞くのが楽しみでたまりません。

お申し込みは http://www.osakadtp.com/glyphs2017/ から。Glyphsの楽しさを知って、Glyphs仲間になってくれる方が増えると嬉しいです。
0625a.png

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ajabon

InDesign:等間隔で分布のプリセット的なスクリプト

現場からのリクエスト物ですけど。 整列パネルの「等間隔に分布」に定型の「間隔を指定」してけっこうかなりすごく使うんだけど、 いちいち数値の出し入れがめんどい。ごもっとも。ごもっとも。 でスクリプト書きました。 id_di […]

by AJABON GRINSMITH at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.06 正規表現を使って合成フォントのような表現を目指す

InDesignには、「かな」や「欧文」に異なるフォントを指定できる「合成フォント」という機能が用意されています。[書式]メニューから[合成フォント]を選択すると、[合成フォント]ダイアログが表示されるので、新規で合成フォントを作成し、下図のように目的に応じて各項目を設定すればOKです。ちなみに、下図は「A-OTF リュウミンPr6N R-KL」のベースフォントに対し、[半角欧文]と[半角数字]に「Garamond Premier Pro regular」を指定し、[サイズ]や[ベースライン]を調整したものです。
なお、合成フォントの各文字種に、それぞれどのような文字が含まれているかは、NAOIさんのサイトで詳しく解説されています。
http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20091111/1257923050

あとは、フォントメニューからこの合成フォントを指定すれば良いのですが、合成フォントを使っていると「ドキュメントを開くたびに、合成フォントの複製が増えていく」「ドキュメントを開くと合成フォントがきちんと読み込まれない」」等、問題が起きるという話もよく聞きます。そこで今回は、合成フォントを使わずに、「正規表現スタイル」の機能を使って「欧文」に任意のフォントを指定する方法を考えてみたいと思います。なお、必ずしもこの方法がベストというわけではなく、こんな方法もあるということで覚えておいていただければと思います。
まず、「A-OTF リュウミンPr6N R-KL」を使用したテキストに対して段落スタイルを作成しておきます。ここでは「A」という名前の「段落スタイル」を作成しました(下図)。

次に「欧文」のテキストに対して適用する文字スタイルを作成します。ここでは「Garamond Premier Pro Regular」を指定し、さらにサイズと位置を調整するために、[垂直比率]と[水平比率]を「112%」、[ベースラインシフト]を「0.2H」、[言語]を「英語:米国」としました(下図)。
なお、[ベースラインシフト]の値は、その文字サイズに対して何%ぐらい上下させるかを計算して算出してください。また、[言語]にも目的のものを指定しておくのがお勧めです(スペルチェック等が可能になります)。

この設定を「文字スタイル」として保存しておきます。ここでは「欧文用」という名前で登録しました(下図)。

段落スタイル「A」をダブルクリックして[段落スタイルの編集]ダイアログを表示させたら、左側のリストから[正規表現スタイル]を選択し、[新規正規表現スタイル]ボタンをクリックします。そして[スタイルを適用]には、先程、作成した文字スタイル「欧文用」を指定します。さらに[テキスト]には、欧文部分をヒットさせるための正規表現を記述します。
ここでは、まず[テキスト]に
 [0-9a-zA-Z]
と記述しました(下図)。

このように記述することで、0から9までの数字とAからZまでの大文字と小文字がヒットし、文字スタイルが適用されます(下図では分かりやすいように文字スタイルが適用された部分にマゼンタのカラーも設定しています)。
※[☆-★]のように記述すると、☆から★までのユニコード番号の文字がすべてヒットします。なお、[テキスト]のポップアップメニューから指定できる正規表現の一覧は、市川せうぞーさんの以下のサイトを参照されることをお勧めします。
http://www.seuzo.jp/st/Other/InDesign_regex.html

しかし、実際にはこのままではうまくありません。ドットやカンマ等の約物や記号類の文字はヒットせず、指定した欧文フォントが適用されないからです。これらの文字を追加するには、いろいろな正規表現の記述方法があります。例えば、ドットとカンマ、ハイフンを追加したのであれば、
 [0-9a-zA-Z.,-]
のように記述していってもかまいません。でも、数が多いと面倒ですよね。そこで、ここではユニコード番号を指定して設定してみることにしますが、その前にInDesignの合成フォントの各文字種に、それぞれどのような文字が含まれているかを確認しておきましょう(下図)。青く色が付いている文字が、合成フォントを指定した際に、[半角欧文]と[半角数字]で使用される文字です。ちなみに、フォントには「Garamond Premier Pro Regular」を使用しています。

まずは、青く色が付いている最初の文字u+0020と最後の文字u+25CAの範囲を指定してみましょう。
 [\x{0020}-\x{25CA}]
のように記述します(下図)。

すると、適用したくない文字にも欧文フォントが当たってしまっているのが分かります(下図)。指定した範囲のコード番号には、欧文フォントを適用したくない文字もあったということです。

そこで、今度は下図のように指定してみました(下図)。
 [\x{0020}-\x{00B0}]
 [\x{00B2}-\x{00D6}]
 [\x{00D8}-\x{00F6}]
 [\x{00F8}-\x{02DD}]
 [\x{0020}-\x{25CA}]
 [–‚„•‹›⁄€™∆∏∑≈≤≥◊]

最終行の設定は、コード番号の範囲を指定せず、実際の文字を入力しています。なお、どの文字を欧文フォントとして使用したいかによって、この設定内容は変わってくるので注意してください。

この設定では、合成フォントの[半角欧文]と[半角数字]が適用される文字よりも多くの文字に欧文フォントが適用される内容となっていますが、おおむね思い通りに設定できました(下図)。

しかし、まだこれでOKではありません。次は、引用符を設定したいと思います。[段落スタイルの編集]ダイアログの[正規表現スタイル]で下図のように設定します。
 [“”‘’]
シングルクォーテーションマーク「u+2018」「u+2019」
ダブルクォーテーションマーク「u+0201C」「u+0201D」

これにより、欧文用の正しい引用符にも指定した欧文フォントが反映されます(下図)。

(最後に)
今回、正規表現スタイルを使用して合成フォントと同様の見た目になるよう考えてみましたが、もっと良い設定方法や、気をつけた方が良いポイントがあるのではないかと思います。ご意見をいただければ幸いです。

(追記)
なお、InDesign CS6までとInDesign CC以降では、[半角数字]に適用されるアキ量が異なるので注意が必要です。InDesign CS6までは、[半角数字]が[半角欧文]として認識され、文字組みアキ量設定の[和文と欧文の間]のアキ量が適用されていました。しかし、InDesign CC以降は、[半角数字]は[半角数字]としてきちんと認識され、[和文と英数字の間]のアキ量が適用されるように修正されています。
この件に関しては、こちらの記事『InDesign CC No.07 合成フォント使用時に文字組みが変わる?』もご覧下さい。

また、u+2014のEMダーシに対しても欧文フォントが適用された方がよいとのご指摘を受けましたので、正規表現スタイルの最後の行にu+2014も追加しておくと良いかと思います(下図)。

(追記 2017.6.23)
正規表現スタイルでベースラインを調整している場合、「欧文と和文にまたがって下線を引くとずれる」等、下線・打ち消し線・圏点・上付き文字等の文字修飾機能に影響が出るので注意が必要です。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

「フォントかるた」がAmazonで販売開始

特定の展示会などでのみ販売されてきた「フォントかるた」がAmazonで購入できるようになっています。プライム対応(送料無料)です。

使用書体:かるた BOLD/リュウミン B-KO/ヒラギノ明朝体 W8/小塚明朝 M/游明朝体 M/A1 明朝/マティス EB/ヒラギノ角ゴ W7/ゴシックMB101 B/游ゴシック体 B/こぶりなゴシック W6/太ゴB101 Bold/MS ゴシック/メイリオ/AXIS FONT ベーシック M/中ゴシックBBB/ゴナB/新ゴ R/新丸ゴ M/ヒラギノ丸ゴ W6/秀英丸ゴシック B/じゅん 34/筑紫A 丸ゴシック Bold/ナールDB/ナウ MU/わんぱくゴシックN B/ナウ GU/ハルクラフト Heavy/ハッピーN H/タカハンド B/くもやじ R/フォーク B/丸フォーク B/カクミン B/竹 B/創英角ポップ体/はるひ学園 L/明石 L/正楷書CB1/角新行書 M/モアリア B/教科書ICA M/ふい字/武蔵野/TB 古印体/勘亭流/プリティー桃 Bold/凸版文久明朝 レギュラー

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

mottainaiDTP

JeditXの全角/半角変換設定をExcel+AppleScriptで管理する

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1) JeditXには「半角→全角」「全角→半角」「全角/半角文字の統一」という、とても便利な機能があります。ただ、設定が「半角→全角」「全角→半角」で各1種類ずつしか保存できないことについては以前から残念に思っていました。 何か方法がないかと思っていたところ「半角→全角」「全角→半角」のダイアログに表示される「cnvFlag」という値(文字列)が設定内容を示していることが分かりました。この値を使ってAppleScriptを実行すれば全角/半角変換を一気に処理できることも確認できました(下図参照)。この方法であれば複数の変換設定をファイルとして保存しておくことも可能です。 <img border="0" alt="0620b.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0620b.png" width="530" height="200"> ただ、スクリプトに書かれたcnvFlagの値から変換設定内容を推測することは困難です(間違ったファイルを使うと事故にもつながります)。これを解決するために今回はExcelを使って設定をおこない、cnvFlagの値を得る方法を考えました。 <img border="0" alt="0620a.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0620a-thumbnail2.png" width="530" height="300"> Excelのドロップダウンリストで各項目のオン/オフを設定すると、右側の黄色い欄にcnvFlagの値が表示されます。また、下部の緑色の欄にはAppleScriptの内容が生成されます。この5行をコピーしてスクリプトエディタにペーストするだけで、簡単に実行ファイルを作ることができます。 <a href="https://www.youtube.com/watch?v=rBIbaTxFRA4&amp;external_video_config=width%3D480%26height%3D320">JeditX全角半角変換設定をExcelで管理</a> また、反対にcnvFlagの値を入力すると設定内容が表示されるExcelファイルも用意しました。確認のために使用することを想定しています。 手作業でコツコツ入力したExcelファイルなので、どこかに不備があることも考えられます。必ずバックアップをとり、十分にテストしてからお試しいただくようお願いします。 サンプルデータはこちら《<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/cnvFlag_0620e.zip">cnvFlag_0620e.zip</a>》です。<a></a>
DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

JeditXには「半角→全角」「全角→半角」「全角/半角文字の統一」という、とても便利な機能があります。ただ、設定が「半角→全角」「全角→半角」で各1種類ずつしか保存できないことについては以前から残念に思っていました。

何か方法がないかと思っていたところ「半角→全角」「全角→半角」のダイアログに表示される「cnvFlag」という値(文字列)が設定内容を示していることが分かりました。この値を使ってAppleScriptを実行すれば全角/半角変換を一気に処理できることも確認できました(下図参照)。この方法であれば複数の変換設定をファイルとして保存しておくことも可能です。

0620b.png

ただ、スクリプトに書かれたcnvFlagの値から変換設定内容を推測することは困難です(間違ったファイルを使うと事故にもつながります)。これを解決するために今回はExcelを使って設定をおこない、cnvFlagの値を得る方法を考えました。

0620a.png

Excelのドロップダウンリストで各項目のオン/オフを設定すると、右側の黄色い欄にcnvFlagの値が表示されます。また、下部の緑色の欄にはAppleScriptの内容が生成されます。この5行をコピーしてスクリプトエディタにペーストするだけで、簡単に実行ファイルを作ることができます。


また、反対にcnvFlagの値を入力すると設定内容が表示されるExcelファイルも用意しました。確認のために使用することを想定しています。

手作業でコツコツ入力したExcelファイルなので、どこかに不備があることも考えられます。必ずバックアップをとり、十分にテストしてからお試しいただくようお願いします。

サンプルデータはこちら《cnvFlag_0620e.zip》です。

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ajabon

InDesign / Illustrator:インデント値を字数で入力したい

  ことってありますよね。問答無用で。 まあ、級/歯を脳内でミリ換算できて当たり前の業界ではあるんですが、 ウチはもう10Qと12Qしか愛せないっ。 「11Qの2w落ち」とかで既に電卓ラブです。理屈だけわかって […]

by AJABON GRINSMITH at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

デジタルギャラリーに土器の画像三点が加わりました。

デジタルギャラリー
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

Doki

土器2
土器3
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery11.html

この画像は、株式会社 シン技術コンサル様に納入、稼働中の1号機を用いて得た画像です。
光学解像度:300ppi(11.8pixel/mm)
スタンド型であり、土器を撮影台に立てたままで非接触撮影することができます。
水平方向にレンズ+カメラユニットが前後して合焦(ピントが合う)します。

株式会社 シン技術コンサル様 オルソスキャナ仕様:
・光学解像度:512ppi(20pixel/mm) ※レンズの設計値
・被写体寸法:Φ50mm ×H1000mm

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

MORISAWA PASSPORTとTypekitのフォントの相互互換性について

まあこんなこと検証する奴なんかきっといねえ、と思ったので出しときます。

MORISAWA PASSPORT(以下MP)に入っているフォントの一部はAdobeのTypekitでも提供されているんですが、果たしてその互換性はあるのか、という話です。



もとは公式フォーラムで出てきた質問が元ネタ(最近そんなのばっかりである)。
あわせて、6月17日に開催したDTPの勉強会・第25回に書かれた質問の回答でもあったりするというアレです。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

REAR WINDOW | 裏窓

820x312_2

まぁ
今、改めて、『冷静に』見ると、突っ込みどころ満載で
グレースケリーのドレスにいたっては、アイドル映画の域に思えるわ…
(イーディス・ヘッドのドレスは好きだけどね…当時の女性っぽい感じが)

しかし、それを引いても、グレースケリーのチャーミングさにヤラレてしまう

0

劇中で見られる、このドレス(うわぁ、このバービー欲しい…笑)
去年あたりから、似たような構造のドレスを良く若いデザイナーの女子が着ています。
通常の布とレース地の2重構造のスカート、よく見た(最近みないな…)
時代は回るですかね…


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

FontExplorerX

現場での業務で、どうしても必要になってしまい
FontExplorerXを購入した。

買って1週間だが、バグレポートを1件送っている。
(×××にくれべれば…マシな方だ…)
ちょっとバグレポート送りにくいぞ…モノタイプぅ


トライアル期間中に、再度モノタイプのニュースメールに登録したら
20%OFFの値引きコードが届いた
少し安く買えてよかった。

操作中にはクラッシュする事も…まぁあるけど
操作していなければ、特に気になる所も無いし
思っていたよりメモリー等のリソースも使わない。
(フォント関連のツールは、ええっっっっって思うほどリソース使う物もあるからね)

日本語表示関連は、まぁちょっと怪しいけど
最初の頃のリリースにくらべれば、随分マシになっている。
約1万円 価値があるか?(もちろん使い方によるから、利用者次第だけど)はこれから

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

フローズン・タイム CASHBACK

820x312


1時間40分の版と20分弱のショート版がある

たしかに、スカートの裾がフワリと奇麗に揺れる瞬間って
良く目にする。
おじさんでも、うぁキレイ…って思うわぁ

原題のキャッシュバックは、日本では、馴染みが無いので
邦題のフローズンタイムとなったんだろうが

出来れば、エンディング付近で主人公が開く個展のタイトル
フローズンセカンド が良かったと思うが
これまた、馴染みの無い単語だから、難しかったかな…

Website_image00290618_133103


アメリカン・ナイズされる事が良いとは言わないが
『ハグ』だったり『ハイタッチ』だったりも一般的になって来ているし
邦題…どうせ、邦題付けるなら…とも思うのだが

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

第26回勉強会-2日目

Tweet   テーマは「文字[作る]」です。 書体を作るとなると大変ですが仕事で使う特別な記号などを自分で作れると便利です。 デジタルフォント作成アプリ「Glyphs(グリフス)」の使い方講座です。 「Gly […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

第26回勉強会

Tweet                   テーマは「文字」です。 「デジタル文字とは?」と「検索/置換で文字を使いこなそう」 […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.05 最低限覚えておきたいショートカット

素早く作業するために、ショートカットは欠かせません。できるだけ多くのショートカットを覚えるに越したことはありませんが、今回は、最低限覚えておきたいショートカットをご紹介しておきたいと思います。

X:「塗り」と「線」のアクティブを切り替える
/:カラーを「なし」に
shift+X:「塗り」と「線」のカラーを入れ替える
J:フレームとテキストのどちらのカラー設定をアクティブにするかを切り替える
w:「標準モード」と「プレビューモード」の切り替え
選択ツールから文字ツールへ持ち替える:選択ツールでテキストフレーム内をダブルクリック
単語の選択:文字ツールでダブルクリック
行の選択:文字ツールでトリプルクリック
段落の選択:文字ツールで4回クリック
テキスト編集中にcommand(WindowsはCtrl)キーを押すと一時的に選択ツールに
テキスト編集中にescキーを押すと選択ツールに切り替わり、そのテキストフレームが選択される
テキスト編集中にoption(WindowsはAlt)キーを押すと一時的に手のひらツールに
画像の中身を選択:選択ツールで画像をダブルクリック

もちろん、これ以外にもたくさんのショートカットを覚えてください。
なお、ショートカットが割り当てられていないメニューやコマンドにも、ショートカットを設定することが可能です。まず、[編集]メニューから[キーボードショートカット]を選択します(下図)。

[キーボードショートカット]ダイアログが表示されるので(下図)、[新規セット]を作成してショートカットを割り当てればOKです。なお、[セット表示]ボタンをクリックすることで、ショートカットの一覧をテキストとして表示することも可能です。プリントして、ショートカットを覚える時の参考にすると良いかもしれません。

ちなみに、カスタムで作成したショートカットは、初期設定の「InDesign Shortcut Sets」の中に保存されます(下図)。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.04 段落境界線を活用する

[段落境界線]とは、段落に対して境界線を引く機能です。下線のように、テキストに対して罫線を引く機能だと思われがちですが、テキストの増減に応じた色ベタや枠囲みのオブジェクトを作成することもできる便利な機能です。
まずは、下図の見出し部分に対して、段落境界線を適用してみましょう。

[段落]パネルのパネルメニューから[段落境界線]を選択し、[段落境界線]ダイアログが表示したら、[前境界線]の[境界線を挿入]にチェックを入れ、[線幅]を設定します(図では0.1 mm)。また、目的に応じて[オフセット]を設定します。ここでは「−1 mm」に設定したことで、文字の仮想ボディの底辺より1mm下に境界線が作成されます(下図)。

では今度は、見出しの背景に色ベタのオブジェクトを設定してみましょう。なお、見出し部分には、あらかじめ[左/上インデント]を「1mm」に設定してあります(下図)。

[段落境界線]ダイアログを表示させ、下図のように指定します。ポイントは、太い[線幅]を指定し、境界線がテキストの真ん中くるよう設定することです。また[幅]を「列」から「テキスト」に変更しておくことで、テキストのある部分にだけ境界線を引くことができます(下図)。

では、見出しのテキストを増減させてみましょう。下図のようにテキスト量に応じて、段落境界線が可変するのが分かるはずです。

今度は、見出しに枠囲みの境界線を設定してみましょう。InDesignの段落境界線では、[前境界線]と[後境界線]の2つを設定できますが、両方設定することで、枠囲みを再現できます。ここでは、下図のように設定しました。ポイントは、[前境界線]と[後境界線]が同じ位置に重なるように設定し、[後境界線]の[カラー]を「紙色」に、そして[後境界線]の[線幅]を若干細く設定することです。こうすることで、線幅の差分の半分が罫線のように表示されて見えるというわけです。
※[後境界線]は[前境界線]よりも前面に描画されます。

設定が反映されたテキストです(下図)。

同様に角丸の境界線も作成できます。ポイントは、[種類]に「句点」または「点」を選択し、それぞれ[カラー]と[間隔のカラー]に同じカラーを指定することです(下図)。

設定が反映されたテキストです(下図)。なお、これらの設定は、段落スタイルとして運用すると、さらに便利に活用することができます。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

隔週金曜勉強会

Tweet             テーマは「DTP作業を効率化するTips」 今回は「InDesignの表組をマスターしよう-その2」 Illustrator […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.03 正確な角丸を描くには

InDesignで角丸長方形を描画すると、その角丸は指定した値のキレイな角丸になりません。
下図は、シアンの角丸長方形がIllustratorで作成したもの、マゼンタの角丸長方形はInDesignで作成したものです。どちらも同じ角丸の値(5mm)を指定していますが、形状が異なっているのが分かります。

これは、InDesignがリリースされた当初から問題となっており、これまで何度も改善要求がなされていますが、いまだに改善されていません。そこで、回避するためのいくつかの方法をご紹介していきます(本来、Adobeが修正すべき問題なので、早急に改善してくれることを望みます)。

まずは、Illustratorで角丸長方形を作成、InDesignにペーストする方法です。InDesignでは、Illustratorのパスオブジェクトを、パスのまま取り込むことができます。手っ取り早く作業するには、良い方法です。

次は、角丸長方形を「線」として描画する方法です。下図のように、[線]パネルで太い[線幅]を指定し、[種類]に「句点」または「点」を選択し、[間隔のカラー]を指定します。図では、分かりやすいように[線]のカラーをマゼンタ、[間隔のカラー]にイエローを指定しています。実際の作業では、[線]のカラーと[間隔のカラー]を同じにすれば良いというわけです。ただし、この方法は端が半円になっている場合にしか使えません。

ちなみに、テキストオブジェクトの場合には、[段落境界線]を使って同様のことが可能です。[段落境界線]ダイアログで[境界線を挿入]にチェックを入れ、[オフセット]や[インデント]を指定したら、[種類]に「句点」または「点」を選択し、[カラー]と[間隔のカラー]に同じカラーを指定します(下図)。なお、[前境界線]と[後境界線]を両方使用すれば、角丸の囲み枠も作成可能です。

最後の方法として、スクリプトをご紹介させていただきます。お〜まちさんが運営されている『ディザInDesign』さんから「kadomaru.jsx」をダウンロードして使用することで、キレイな角丸が作成できます。

角丸長方形に変換、または作成を行う

(注意点)
なお、Illustratorのパスオブジェクトをペーストしたり、InDesignの複数のオブジェクトを合体させたり、スクリプトを使用して角丸を作成しているような場合には、サイズ変更により角丸の形状が変わってしまうので注意が必要です(InDesignの[角オプション]の機能で角丸を作成している場合には問題ありません)。

(追記 2017.06.15)
もう1つ別の方法があるのを書き忘れていたので追記させていただきます。[線]パネルから新規で[線種]を作成する方法です。まず、[線]パネルのパネルメニューから[線種]を選択します(下図)。

[線種]ダイアログが表示されるので、[新規]ボタンをクリックします(下図)。

[新規線種]ダイアログが表示されるので、任意の[名前]を付け、[種類]に[線分]を選択します。次に、[長さ]と[パターンの長さ]に同じ値を入力し、[先端の形状]に[丸形先端]を選択し、[OK]ボタンをクリックします(下図)。

[線種]ダイアログに戻ると、新規で作成した線種が保存されているので、[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます(下図)。なお、この設定はドキュメントを何も開いていない状態で作成しておくと、以後、新規で作成するドキュメントで使用できるので便利です。

あとは、作成した「線種」を[段落境界線]ダイアログの[種類]に指定すればOKです(下図)。もちろん、カラーも指定できます。

テキストに適用すると、きちんと角丸の段落境界線が反映されているのが分かります(下図)。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

背に腹はかえられないかい…プッ

Website_image00290613_224858


AppleってQRバーコードが大嫌いだったのにね…ぷぷぷ

やっぱり金かぁ…

次はブルーレイもお願いしたい

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

いやぁ…『これ』は…無いだろ…いくらなんでも…

Website_image00290613_222506

意味わからん…
それとも、俺には理解出来ない、ナニか深いナニがあるのかな…
う〜ん

初めて人工知能aiで書いた太陽とか?

有名な画家の幼少期に書いた太陽とか?

著名なデザイナーが目をつぶって書いた太陽…とか?

う〜ん


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

さてと ICCプロファイルでも作りましょうか

I1scanner

久しぶりに 色再現をやっています。

EPSON  イメージスキャナ GT-X980 を買うと タダで付いてくる

X-Rite の 『 i1Scanner 』 を使って ICC プロファイルを作っています。

昔はコレ単体がモナコカラーって名で売ってました。

3万円くらいしていましたよね。

スキャナにプロファイルメーカーが標準添付されてんですからね。

スゴイ時代です。

プロファイルを作るには、ご存じの通り、

(1)使用するカラーチャートのパッチごとの測色値

 (X,Y,Z か L,a,b)

(2)カラーチャートのイメージスキャナでスキャンした値

 (R,G,B)

の両方が必要ですよね。

i1Scanner は実際にやってみると、かなり簡単で、

200ppiフルカラースキャン画像をアプリに放り込んで、

カラーチャートの4角のマーカーを手動でマウスでクリックして、

(1)のデータファイルを探して選択すると、

あとは自動でプロファイルが生成されます。

超、簡単でした。

・・・

で、まずは基本的なチェック作業です。

出来上がったICCプロファイルを使って、

ICCプロファイルを作るために使用したカラーチャートのスキャン画像本体を

 RGB から Lab に変換

してみる。

当然、(1)の測色値とピッタリ一致するはずです。

だって、変動要因は殆どないんだから。

もし変動要因があるとすれば、(1)の測色値。

これは、ロット毎の管理なので1日1枚しか測定していない。

私が購入した手元のチャートの色を計測した訳では無い。

・・・

Adobe RGB の色空間で、

スキャナのICCプロファイルを使って、

変換して、その画像のLab値を計測する。

もちろん、絶対値を比較しますので、変換モードは

Absolute「絶対的な色域は維持」ですね。

さて、カラーパッチの色再現、ΔE(Lab)が1未満にならないとしたら、

その要因は何なんでしょうかね。

わくわくする夜です。

 

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

n-yuji

[book]最近読んだ本。

楠本まき『A国生活』、吉田秋生『きつねのよめいり』、大島弓子『さようなら女達』、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』、丸山真男『日本の思想』。 A国生活 (フィールコミックス) 作者: 楠本まき 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2014/08/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (4件) を見る きつねのよめいり (小学館文庫) 作者: 吉田秋生 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1995/06 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブロ ...

by n-yuji at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

あはは 『それ』は共有しなくて良いんじゃないかい…笑

822


やっぱり『かわいい』には力があるわな
http://designyoutrust.com/2017/06/this-artist-has-spent-5-years-doodling-the-things-he-loves-about-his-wife/

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.02 アプリケーションデフォルト

InDesignでは、ドキュメントを何も開いていない状態でも各パネルやツールの設定を変更することができます。この設定を「アプリケーションデフォルト」と呼びます(ちなみに、Illustratorではドキュメントを何も開いていない状態だと、各パネルはグレーアウトしていて設定を変更することはできません)。

例えば、「ドキュメントを何も開いていない状態」と「何かドキュメントを開いた状態」で、それぞれ[グリッドツール]をダブルクリックしてみてください。

上図が「ドキュメントを何も開いていない状態」のダイアログですが、[フレームグリッド設定(アプリケーションデフォルト)]と書かれていますね。下図は「何かドキュメントを開いた状態」のダイアログですが、[フレームグリッド設定(ドキュメントデフォルト)]と書かれているのが分かります。

つまり、「ドキュメントを何も開いていない状態」と「何かドキュメントを開いた状態」では意味合いが異なるというわけです。
アプリケーションデフォルトの場合、以後、新規で作成するドキュメントすべてに変更した設定内容が反映され、ドキュメントデフォルトの場合には、設定の変更はそのドキュメントだけに限定されることになります。
ですから、各パネルの設定は、ドキュメントを何も開いていない状態で、よく使用する設定に変更しておくと良いわけです。

では、「ドキュメントを何も開いていない状態」で変更したり、読み込んでおいた方が良い設定をいくつかご紹介しておきます。あくまでの私個人の設定なので、必ずしもこの設定が良いというわけではないので、ご注意ください。

[カラー]パネル

[カラー]パネルでは、使わないスウォッチは削除し、よく使用するスウォッチを登録しておきます。なお、パネルメニューから[スウォッチの読み込み]を実行すれば、他のドキュメントからスウォッチを読み込んだり、IllustratorやPhotoshopから書き出したスウォッチのデータ(拡張子.ase)を読み込むことも可能です。

[段落]パネル

[段落]パネルでは、まず[禁則処理]と[文字組み]によく使用する設定を選択しておきましょう。なお、[文字組みアキ量設定]のカスタマイズに自信がない方は、「+DESIGNING」のサイトから無償でダウンロード可能な「おぢんの文字組み設定ファイル」を使用するのがお勧めです。

次にパネルメニューの[連数字処理]をオフにし、[Adobe日本語単数行コンポーザー]を選択します。なお、なぜ[連数字処理]をオフにするのかについての詳細は、InDesign 1.0「No.75 連数字処理」を参照してください。また、コンポーザーは[環境設定]からも変更が可能です。

そして、パネルメニューの[禁則調整方式]は[調整量を優先]にしています。ちなみに[調整量を優先]は、「禁則文字を追い出したときの文字間隔が、追い込んだときの文字間隔より極端に広くなる場合は、文字を追い込む」という設定内容です。

[グリッドフォーマット]パネル

[グリッドフォーマット]パネルには、よく使用するフレームグリッドの設定を登録しておくと、ワンクリックで適用できて便利です。フレームグリッドのスタイル機能と言ってもよいかもしれません。

[オブジェクトスタイル]パネル

[オブジェクトスタイル]パネルには、線の太さや角丸のサイズ等を適用する設定を作っておくと便利です。もちろん、それぞれのパネル等から設定してもかまいませんが、例えば「角丸が3mmで0.5mmの線幅にしたい」なんて時には、[オブジェクトスタイル]パネル上で2回クリックすれば設定が完了します。その他、仕事の内容に応じて、さまざまなオブジェクトスタイルを作っておくと良いでしょう。

他にも、「ワークスペース」や「ドキュメントプリセット」「PDF書き出しプリセット」等も作成しておくと便利です。また、ショートカットの追加や見直し等もしておくと良いでしょう。

環境設定

せっかくなので、[環境設定]もデフォルトの設定から変更している部分をご紹介しておきます。

欧文辞書

[二重引用符]と[引用符]を、それぞれ一番上の物に変更しています。この設定がデフォルトのままだと、俗に言う「まぬけ引用符」が入力されてしまいます。


黒の表示方法

[スクリーン]と[プリント/書き出し]を、[すべての黒を正確に表示]と[すべての黒を正確に出力]に変更しています。なお、環境設定に関する詳細は、『InDesignパーフェクトブック』の「Chapter 1」を参照してください。「Chapter 1」「Chapter 2」「Chapter 15」は無償で公開しています。

その他、[インターフェイス]や[単位と増減値]など、目的に応じて変更してください。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

mottainaiDTP

JavaScriptで複数一括置換【スタイル指定機能を追加】

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)※2017/06/14:サンプルデータに不備があったため修正しました。※2017/06/15:検索範囲も設定できるように改良しました。 2016年11月の<a href="http://mottainaidtp.seesaa.net/article/444309094.html" target="_blank">『JavaScriptで複数一括置換【改良版】』</a>では、外部のテキストファイル(置換テーブル)を参照して複数一括置換を実行するスクリプトを紹介しました。 今回はさらに手を加え、下図のようなダイアログで段落スタイルや文字スタイル、検索範囲を指定できるようにしてみました。 <img border="0" alt="0615-01.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0615-01.png" width="530" height="464"> 各チェックボックスをオンにすると、ドロップダウンリストで段落スタイル名や文字スタイル名が選択できる状態になります(アクティブなInDesignドキュメントに設定されているものがすべて表示されます)。使い方については以下の動画を参照ください。 <a href="https://www.youtube.com/watch?v=vkIOp0BmJGY&amp;external_video_config=width%3D480%26height%3D320">複数一括置換 スタイル指定</a> ※検索範囲はドロップダウンリストで設定します。「ストーリー」「選択範囲」とする場合は、あらかじめドキュメント上で1文字以上を選択しておく必要があります。 お試しになる際は十分にテストされるようお願いします。また、必ずバックアップをとってからお試しください。 サンプルデータ(2017/06/14更新)はこちら《<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/replace_170615c.zip">replace_170615c.zip</a>》です。<a></a>
DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

※2017/06/14:サンプルデータに不備があったため修正しました。

※2017/06/15:検索範囲も設定できるように改良しました。


2016年11月の『JavaScriptで複数一括置換【改良版】』では、外部のテキストファイル(置換テーブル)を参照して複数一括置換を実行するスクリプトを紹介しました。
今回はさらに手を加え、下図のようなダイアログで段落スタイルや文字スタイル、検索範囲を指定できるようにしてみました。

0615-01.png


各チェックボックスをオンにすると、ドロップダウンリストで段落スタイル名や文字スタイル名が選択できる状態になります(アクティブなInDesignドキュメントに設定されているものがすべて表示されます)。使い方については以下の動画を参照ください。


※検索範囲はドロップダウンリストで設定します。「ストーリー」「選択範囲」とする場合は、あらかじめドキュメント上で1文字以上を選択しておく必要があります。


お試しになる際は十分にテストされるようお願いします。また、必ずバックアップをとってからお試しください。
サンプルデータ(2017/06/14更新)はこちら《replace_170615c.zip》です。

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

最大表示色 約10.7億色 とは

「 最大表示色 約10.7億色 」
の意味は、
cubit root(10.7億) = 1022.8
つまり、2^10bit = 1024 の三色(RGB)ってことですね。
正確には、
1024^3= 10億 7374万 1824 色
ーーーーー

その昔、
 8色ディスプレイがアタリマエだった頃に、
16色ディスプレイになった! と自慢していた時代があった。
(1986年くらいだったろうか)

その時に登場した 『 1670万色 』 という途方もない数字は キラキラと眩しかった。
あれは、ようするに 1色あたり、256階調(0,1,2,...,254,255) のRGBという意味で、
ビット数としては、
 8bit + 8bit + 8bit =24bitColorという意味だったんだよね。

256階調の赤 x 256階調の緑  x 256階調の青  = 16,777,216色

今度のは、

 10bit + 10bit + 10bit =30bitColorという意味だね。

1024階調の赤 x 1024階調の緑  x 1024階調の青  =  10億7374万1824 色
ブルゾンもびっくりな色数だ。

〜〜〜〜♪

cubit root(10.7億) = 1022.8 の計算方法 詳細。

今や ほとんどの人が自分の半径1m以内にスマホを持っている。

iPhoneを使って、10.7億色は、1024階調を3回掛け合わせた値であることを計算で求めることができる。

その手順を書いて見ましょうか。

(1)まず10.7億を電卓に入力する前に。

10億は、1G(ギガ)です。
だから、10.7億は、1.07G
K(キロ)=1000
M(メガ)=1000 000
G(ギガ)=1000 000 000
で、ゼロが9ケ付く。

(2)電卓の準備
iPhoneの電卓を呼び出す。

Img_9090

(3) iPhoneを横長に寝させる。

Img_9091

(4)ゼロを9つ発生させる。

「9」の後、「 10x 」 ボタンを押す。「7」 の直ぐ左にあるボタンです。

Img_9092

(5) 掛ける「 × 」ボタンを押し、次に、1.07を入力する。

Img_9093_2

(6) 「 = 」ボタンを押す。

これで、10億7千万の数字の準備完了。

Img_9094


(7)cubit root のボタンを押す。
数字 4 の左 4コ目のボタン。
平方根のマークの左上に、3 が乗っている。
すると。。ジャーン。1022.8 となる。

Img_9095

〜〜〜〜〜 おまけ。



16
32
64
128
256
512
1024
2048
4096
・・
と続く、2x2x2x。。。の数列。
1024は、2を10回掛けた数字です。
これを一回で計算する方法は、

数字 「7」の左3つ目の、Xの右上に小さいyの付いてるボタンを使います。

2 [ Xの右上に小さいyの付いて居るボタン ] 10 [=] とやってみてください。
1024を得られます。
■演習問題 (^^)
問い:1670万色の(RGB三原色)1色あたりの階調数を求めなさい。

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.01 フレームグリッドへのテキストのペースト

InDesignのバージョンに関係なく、気になった話題をこちらに書き留めておくことにします。まずは、フレームグリッドの動作について記述したいと思います。

InDesignでテキストを扱う場合、「プレーンテキストフレーム」と「フレームグリッド」の2つのテキストフレームがあることはご存知のことだと思います。これらの2つのテキストフレームをうまく使い分ければ、作業の効率化にも繋がりますが、慣れるまではフレームグリッドの動作に戸惑うことがあるのも事実です。
まずは、テキストを配置した「フレームグリッド」を用意しました(下図)。

では、フォントを変更してみましょう。
ここでは、「小塚明朝 Pr6N」から「A-OTF 太ゴB101 Pro」に変更しました(下図)。

次に、任意の場所にテキストを入力してみましょう。
ここでは「美しい」という文字を入力しました(下図赤枠部分)。とくに問題はないですよね。

では、テキストエディタ等からコピーしたテキストを、任意の場所にペーストしてみましょう。
すると、異なる書式でペーストされたのが分かるはずです(下図赤枠部分)。

これは、フレームグリッド自体が書式属性を持っているためです。[オブジェクト]メニューから[フレームグリッド設定]を選択してみると、[フレームグリッド設定]ダイアログが表示され、[グリッド書式属性]の内容が確認できます(下図)。つまり、この[フォント]に設定されている「小塚明朝 Pr6N」が適用されてペーストされたというわけです。

なお、[グリッド書式属性]の設定を無視してテキストをペーストしたい場合には、[編集]メニューから[グリッドフォーマットを適用せずにペースト]を実行します(下図)。

こうすることで、[グリッド書式属性]の設定を無視してテキストをペーストできます(下図赤枠部分)。

ちなみに、テキストに段落スタイルを適用してある場合でも、同じ動作をします。ここでは「本文」という名前の段落スタイルを適用したテキストを用意しました(下図)。

このテキストの任意の場所に、プレーンなテキストをペーストします。やはり、[グリッド書式属性]の設定が反映されて書式が変わってしまいました(下図赤枠部分)。

この場合には、目的のテキストを選択し、[段落スタイル]パネルで[選択範囲のオーバーライトを消去]を実行してもかまいません(下図)。

選択していたテキストのオーバーライドが消去され、テキストの書式が目的の書式に設定されます(下図赤枠部分)。

とは言え、フレームグリッドの[グリッド書式属性]と実際のテキストの書式は、同じにしておくのが望ましいので、フレームグリッドにテキストを配置、あるいは入力する前に、フレームグリッドの[グリッド書式属性]を設定しておきましょう(下図赤枠部分)。
こうしておくことで、後々、戸惑うことなく作業ができます。

なお、テキストを配置、あるいは入力後に[グリッド書式属性]を変更した場合には、[編集]メニューから[グリッドフォーマットの適用]を実行することで、配置したテキストの書式を[グリッド書式属性]の書式に合わせることができます(下図)。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

あれれ?有線キーボード廃版?

Website_image00290607_65502


新しいキーボードはレガシーな古いOSをサポートしないので
今のキーボード大事にしないと…


見かけたら有線キーボード1つ買っておこうかな…汗

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

Corrina, Corrina


820x312_3

2時間弱とチョイ長めだけど
何回見ても良いなぁ
サントラ・スコアも良い アルバム未収録の曲も多数あって
良いわぁ


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

works014

合成の括弧類に関して…

(「アンカー付きオブジェクト」の続きは少し後回しにして、少しだけ関連のあることを先に……) 全角以上の括弧類を作成するための(合成用の)括弧類はU+239B〜U+23B1に集中しています(画像は ATOKの文字パレット)。 これをそれぞれダブルクリックして InDesign上に直接入力してみました(小塚明朝 Pr6N-R:横組み)。 間にある縦棒(U+239Cなど)は繋ぎ用と思われますが、少し問題があるので削除し、 1文字ずつ改行を挿入して並べたのが以下です(行間アキは「0」)。 ...

by works014 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

あれから4.5年たったけれども

まだまだアホは多いんだなあ……ということを痛感しています。

まあ、いまだにアホなサイトが「無料!」とかって釣り記事的にやってるのがよろしくない。



もちろん、CS2製品は無料でもなんでもありません。
日本語読めない非常識かつ厚顔無恥なやつが多すぎる、という話なんですが。

もっとも、きちんと考えてらっしゃる方もいらっしゃるわけですが。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTPの勉強会

【DTPの勉強会 第25回】ショートセッションについて


DTPの勉強会 第25回のショートセッションにご登壇いただく方と概要が決まりましたのでお知らせします。

セッション内容は下記を予定しています(順不同・敬称略)。なお、内容については変更される場合があります。また、セッション時間はひとりあたり10〜30分を予定しています。

「源ノ明朝/角ゴシック、なにがどうなってるの?」
スピーカー:丸山 邦朋さん@monokano
[セッション概要]
フォントのしくみから源ノ明朝/角ゴシックを解説

「半径2m以内の制作環境」
スピーカー:木枝 祐介さん@p_typo
[セッション概要]
組版,編集,校正の際の参考書籍や筆記用具を含めた道具類,また,よく参照/利用しているウェブサービス(サイト)の類を紹介する.

「Adobeのカラーテーマってどうなの?
Illustratorの新機能「カラーテーマ」の使いどころに迫る!」

スピーカー:カワココさん@kawacoco

「バイナリエディタって使ったことありますか?」
スピーカー:梅田 竹志さん@noellabo

by DTPの勉強会(東京) at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

レガシーであるType1をいつまで引っ張ればいいのか、という話

表題の事を投げかけ。
Type1なので、ここでは欧文系フォントであるPostScript Type1について。



OpenTypeが主流になったとはいえ、なぜかまだまだ見かけるこのフォント。
出自的に明らかにお前自前のライセンスじゃねえだろ的なものしか見受けられない気がするんですが、そろそろ駆逐されてくれませんかねえ、という話でも。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

セミナー登壇情報(2017年6月と7月)

DTP Transitの著者のひとり、鷹野 雅弘(スイッチ)が2017年6月と7月、次のセミナーに登壇します。

お近くの方は、ぜひご参加ください!

ウェブ系ほか

調整中

下記は検討中/調整中

  • 島根、7月25日[火]夜

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

隔週金曜勉強会

Tweet             テーマは「DTP作業を効率化するTips」 今回は「InDesignの表組をマスターしよう」 Illustratorがメイン […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

Illustratorでのレイヤーの整理:新しくレイヤーを作って、選択するオブジェクトを移動する

新しくレイヤーを作って、選択するオブジェクトを移動するには、次の手順で行います。

  1. オブジェクトを選択する

  2. 新規レイヤーを作成する

  3. [オブジェクト]メニューの[重ね順]→[現在のレイヤーへ]をクリック

  4. オブジェクトが「レイヤー2」に移動しました

手順2と手順3をアクションに登録しておくとよいですね。

この際、ダイアログボックスが表示されないようにしておくとスムーズですが、次の理由から、このタイミングで「レイヤー名」を設定した方がよいと思うので、私はダイアログボックスを表示するようにしています。

  • せっかくレイヤーの整理を行っているのに、ついつい面倒でレイヤー名をつけずに進行してしまいがち
  • レイヤー名をダブルクリックするのは疲れる

ちなみに、[オブジェクト]メニューの[重ね順]→[現在のレイヤーへ]。「重ね順」で「現在のレイヤーへ」って意味不明ですよね。

元々、[オブジェクト]メニューの[アレンジ]→[現在のレイヤーへ]だったのですが、「アレンジ」って意味わかないってことで、「重ね順」に変わったのですが、[現在のレイヤーへ]はそのまま残ってしまっています。

せめて[現在のレイヤーへ移動]くらいだと意味が通じるように思います。

[現在のレイヤーへ]を使わない方法

[レイヤー]パネルで■をつまんでドラッグしてもいいのですが、■が小さいので、さりげなく骨が折れます。

新規レイヤーを作成後、そのレイヤーがアクティブになっているので、[現在のレイヤーへ]コマンドで、そのレイヤーに移動します。

コピー&ペーストは避けるべき

なお、オブジェクトをコピーし、対象のレイヤーを選択して、[前面にペースト]を実行してもよいのですが、コピー&ペーストは、Illustratorのフリーズを誘発しやすいので、避ける方がよいでしょう。

[コピー元のレイヤーにペースト]

それでもコピー&ペーストしたいときには[コピー元のレイヤーにペースト]をオフにしておきましょう。

[コピー元にペースト]がオンになっていると、文字通り、コピーした元のレイヤーにペーストされます。

テキストを選択する

「レイヤーを整理したい」とき、テキストのみを隔離するケースが想定されますが、そんなときには、[選択]メニューの[オブジェクト]→[すべてのテキストオブジェクト]が重宝します。

さらにアクション

テキストを選択する操作をアクションに組み入れるしたら、いっそ、次のような流れが想定されます。

  1. テキスト選択する
  2. 新規レイヤーを作成して、そのレイヤーに移動
  3. そのレイヤーを複製
  4. アピアランスの分割
  5. テキストのアウトライン化

  • アピアランスの分割は、操作しながらではアクションに記録されないので、[アクション]パネルメニューの[メニュー項目を挿入]から
  • テキストのアウトライン化は、アピアランスの分割後に行う

アクションファイルをおいておきます。

誰得な[新規レイヤーに集める]

[レイヤー]パネルメニューに[新規レイヤーに集める]というコマンドがあります。

「おっ!これで新規レイヤーを作って、そのレイヤーを移動するまでを1アクションで実行できるのね」と思うのですが、そうなりません。

結論からいうと、[レイヤー]パネル上でオブジェクトを選択しているときのみ、このコマンドを実行すると、新規にサブレイヤーが作成され、そのレイヤーにオブジェクトが集められます。

注意しなければならないのは、[レイヤー]パネル上でなく、アートワーク上でオブジェクトを選択しているときにも[新規レイヤーに集める]を実行できますが、その場合には、選択しているオブジェクトのみでなく、そのレイヤーすべてがサブレイヤーになります。

アドビのサイト

アドビのサイトには、こんな記述があります。

ヒント:オブジェクトまたはレイヤーを選択して、レイヤーパネルメニューの「新規レイヤーに集める」を選択すると、新規レイヤーに移動することができます。隣接していない項目を選択するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら選択します。隣接する項目を選択するには、Shift キーを押しながら選択します。

添削するとこういうことです。

ややこしいですよね。

[新規レイヤーに集める]は使えないものとして忘れるのが精神衛生上よいと思います。

ご参考

アクションで…のアイデアは、高橋としゆきさんからいただきました。ありがとうございます。

三階ラボさんのスクリプト

三階ラボさんが次のスクリプトを公開されています。

  • レイヤー名を変更
  • レイヤーを削除
  • レイヤーをロック/ロック解除
  • レイヤーをプレビュー表示/アウトライン表示
  • レイヤーを表示/非表示
  • レイヤーを上下の位置に移動 上下のレイヤーにアイテム収集・移動

3flab inc. | Illustrator Scripts

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

mottainaiDTP

文字スタイル部分・下線部分などを索引化する【改良版】

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1) 以前<a href="http://mottainaidtp.seesaa.net/article/443954213.html" target="_blank">『文字スタイル部分・下線部分などを索引化する』</a>で索引用テキストを抽出するJavaScriptをご紹介しました。私自身は便利に使っているのですが、文字スタイル名や下線などの設定を変更するにはJavaScriptファイルそのものを書き換える必要があり、あまり使いやすくない(かなぁ)と感じてきました。今回は、手軽にダイアログで操作できるように改良してみました。 まずは動画をご覧ください。 <a href="https://www.youtube.com/watch?v=aGFFRhr7JSg&amp;external_video_config=width%3D480%26height%3D320">索引用テキストを抽出 改良版</a>以下、簡単に説明します。 文字スタイルから索引用テキストを抽出する<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0529-003.png" target="_blank"><img border="0" alt="0529-003.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0529-003-thumbnail2.png" width="530" height="202"></a> InDesignドキュメントを表示した状態でスクリプトを実行するとダイアログが表示されます。ドロップダウンリストにはドキュメントに設定されている文字スタイルがすべて表示されますので、索引化したいものを選択して実行してください。テキストファイルはドキュメントと同階層に生成されます。●文字スタイルの取得には<a href="http://indesigner.blog101.fc2.com/blog-entry-54.html" target="_blank">InDesignerの悪あがき(DOTさん)の『グループ化された段落スタイルを取得』</a>を使わせていただきました。 下線・打ち消し線・文字色から索引用テキストを抽出する<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0529-002-c8704.png" target="_blank"><img border="0" alt="0529-002.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0529-002-c8704-thumbnail2.png" width="530" height="480"></a> こちらも同様にダイアログが表示されます。必要な項目をチェックし、ドロップダウンリストから線種や色(スウォッチ名)を選択してください。●先日開催された「DTPerのスクリプトもくもく会」で@Uske_Sさん、@AJABONさんからダイアログについていろいろ教えていただいたおかげで形にすることができました。ありがとうございました。 複数の索引用テキストを合体してソートするこちらはオマケのスクリプトです。複数の索引用テキストが入ったフォルダを選択して実行すると、それらの内容を合体した上でソートし、重複項目を整理します。合体したテキストファイルは元フォルダと同階層に生成されます。 いずれも、いつにも増して手探りで書いたスクリプトなのでお試しになる際は十分にテストされるようお願いします。サンプルデータはこちら《<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/sakuin_new_0529a.zip">sakuin_new_0529a.zip</a>》です。<a></a>
DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

以前『文字スタイル部分・下線部分などを索引化する』で索引用テキストを抽出するJavaScriptをご紹介しました。私自身は便利に使っているのですが、文字スタイル名や下線などの設定を変更するにはJavaScriptファイルそのものを書き換える必要があり、あまり使いやすくない(かなぁ)と感じてきました。今回は、手軽にダイアログで操作できるように改良してみました。

まずは動画をご覧ください。
以下、簡単に説明します。

文字スタイルから索引用テキストを抽出する

0529-003.png

InDesignドキュメントを表示した状態でスクリプトを実行するとダイアログが表示されます。ドロップダウンリストにはドキュメントに設定されている文字スタイルがすべて表示されますので、索引化したいものを選択して実行してください。テキストファイルはドキュメントと同階層に生成されます。

●文字スタイルの取得にはInDesignerの悪あがき(DOTさん)の『グループ化された段落スタイルを取得』を使わせていただきました。


下線・打ち消し線・文字色から索引用テキストを抽出する

0529-002.png

こちらも同様にダイアログが表示されます。必要な項目をチェックし、ドロップダウンリストから線種や色(スウォッチ名)を選択してください。

●先日開催された「DTPerのスクリプトもくもく会」で@Uske_Sさん、@AJABONさんからダイアログについていろいろ教えていただいたおかげで形にすることができました。ありがとうございました。


複数の索引用テキストを合体してソートする

こちらはオマケのスクリプトです。複数の索引用テキストが入ったフォルダを選択して実行すると、それらの内容を合体した上でソートし、重複項目を整理します。合体したテキストファイルは元フォルダと同階層に生成されます。


いずれも、いつにも増して手探りで書いたスクリプトなのでお試しになる際は十分にテストされるようお願いします。
サンプルデータはこちら《sakuin_new_0529a.zip》です。

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

自分めも:Creative Cloudで日本語以外のバージョンを使う場合の手順

たまに必要なんだけれどもついやり方を忘れてしまうこともあるので、ちょっと備忘録的に起こしておきます。

順番ひとつだけ間違えなければいいだけなんですが、過去都合2回ほど間違えたこともあるので、エントリを起こすことで頭の中に入れておくことと、外部記録装置的な何かを含めて。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

テレセントリックレンズに関する詳細な技術説明

テレセントリックレンズに関する詳細な説明

=====

映像情報インダストリアル 安藤幸司氏


http://www.anfoworld.com/LensMF.html

Telecentric1

■特殊なレンズ光学系

▲テレセントリック光学系(Telecentric Optics)

=====

(メモ)

「カタログでW.D(Working Distance、作動距離)と書かれているのは、ほとんどの場合前玉の焦点距離位置となっています。」

コメント)
確かに、 〜W.D. と f1の距離を等しく作図していますね。

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ものかの

源ノ明朝/角ゴシック-5 フルセット版

源ノ明朝/角ゴシック-4の続きです。 サブセット版は、日・簡・繁・韓のそれぞれで、フォントのグリフを必要なものだけにしています。ペアにする文字コードも必要なものだけです。 一方で、フルセット版は、日・簡・繁・韓のいずれに...

by monokano at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

works014

「アンカー付きオブジェクト」の「カスタム」設定_その1

ここ最近、InDesignの「アンカー付きオブジェクト」の「カスタム」設定と挙動の関係について、理解があまり行き渡っていないのではないか? と思わせる書き込みを目にする機会が多いように感じます。 そこで、私なりに解説を試みてみることにしました。 ※2〜3回に分けて連載することになるでしょう まず、以下のような作例を準備しました。 ●X基準:「テキストフレーム」 オプションの最初の項目の「ノド元を基準」は後回しにして…… 次の項目「アンカー付きオブジェクト/基準点」の部分では、アンカー付きオブジ ...

by works014 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

スクリプトで一変するIllustratorでのテキストの扱い

長い文章を扱うにはInDesignですが、ちょっとしたテキストの場合にはIllustratorです。

ところがIllustratorでは次のようなことができません。

  • インライン入力をオフにする(遅いので)
  • テキストを動かさずに、行揃えを変更する
  • 段落スタイル、グラフィックスタイルをキーボードショートカットで適用する
  • 複数行のテキストをバラバラにしたり、つなげたり、改行を削除して1行にする
  • バージョンダウン(アップ)や、PDFからの変換の際など、意図せず、テキストがバラけてしまったテキストを連結する
  • テキストの数字を増減する

スクリプト利用で可能になること

これらは、スクリプトを使うことで解決することができます。Illustratorでの制作スピードが一変するので、これはやらないと損レベルだと私は考えます。

ちょっと惜しい感じ

こちらはワークフローに組み込むまでにはなっていませんが、ご紹介まで。

三階ラボさんの「Change Font Face by Dialog」が、“スタイルとウエイトを「ある程度」ソートして表示”されるようにバージョンアップされました。

3flab inc. | フォント変更ダイアログ

できたらいいな

[グラフィックスタイルの更新]をキーボードショートカットで実行できたらな!と思うのです。

アクションにも登録できません。

  • アピアランスを消去
  • 段落スタイルの再定義

は、アクションに登録できます。

なるほど! Keyboard Maestroですか!!

デフォルトで可能になっていること

Illustrator CC以降、次のようなことが可能になっています。

  • [文字]パネルの[フォント]フィールドで、フォントの一部や「bold」などの文字列を入れて検索できる
  • [文字]パネルの[フォント]上でマウスポインターを動かすだけライブプレビューできる
  • 直前に使ったフォントを[最近使用したフォント]から適用する(再起動しても記憶する)
  • 文字ごとに位置、大きさ、角度などを調整したい場合には、テキストをアウトライン化、グループ解除してから、アートワークとして調整する(文字タッチツール)
  • エリア内文字の領域内にテキスト量が少ないとき、あふれているときに自動調整する
  • テキストボックス内に、サンプルテキストを挿入する
  • テキスト編集時、option+スペース(Alt+スペース)でスペースバーを利用できる

こちらにまとめていますので、ぜひ、ご覧ください。

謝辞

改めて、スクリプトの作者に感謝します。

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

オルソ・スキャナ まとめ

[ アイメジャー株式会社 オルソ・スキャナ について ]

□製品ページ:
正射投影イメージスキャナ OrthoScan-IMAGER

http://www.imeasure.co.jp/ortho/

□デジタルギャラリー:
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html
地図:(79.5 x 108 cm , 800ppi)
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery7.html
昆虫標本: (41.8 x 52 cm 高さ 6cm , 800ppi)
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery8.html
浮世絵:(36 x 24 cm ,1200ppi)
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery2.html

○主な特徴:
(1)非接触で6億画素(800ppi時)のフルカラー画像を自動的に撮影します。

60cmx100cmの範囲を高い光学解像度(800dpi、または1200dpi)で撮影します。撮影時間は、5分(400ppi)、10分(800ppi時)、15分(1200ppi時)。非接触なのに高解像度。非接触撮影可能なカメラ方式と高解像度で撮影できるイメージスキャナ方式の双方の長所を兼ね備えています。

(2)得られた画像の寸法精度は、JIS規格の定規相当の精度です。

アーカイブ画像として残した場合、画像を使って被写体の寸法を計測することができます。基本性能は、±0.3mm/1m。これは定規のJIS2級に相当します。さらに、弊社オリジナルソフトウェアによる校正処理を行うことで、±0.1mm以下/1m を実現しました(実力値は、0.06mm未満です)。この寸法精度は、カメラ方式では実現不可能(*1)で、従来型のイメージスキャナ方式でも達成することは不可能な寸法精度です。

 

(3)階調再現性、色再現性に優れた画像を得ることができます。

カメラ方式と異なるイメージスキャナ方式ですので、被写体の反射率に準じた値を得ることを目的に自動キャリブレーション(校正)機能を搭載しています。その結果、ICCプロファイルと組み合わせることで、色差(Lab)の無いレプリカの作成が可能です。

(4)照明装置を任意に配置するカスマイズが可能です。

被写体の凹凸を強調し、テクスチャー感豊かな画像を得たり、金箔などを含む文化財の撮影などにも対応可能です。

(5)更に大きな被写体は複数回に分けて分割スキャンし、極短時間に美しい非常に寸法正確な画像に仕上がります。

 従来手法のレンズを用いたカメラ方式や、イメージスキャナの場合、撮影したデジタル画像には必ず無視できない歪みが含まれています。そのため、例えば、4分割撮影した4枚の400ppi(相当の)画像を接合するために、専用の画像処理アプリケーションソフトを使って、 ディスプレイ画面上を目視で確認しながら、画像の繋ぎ目に沿って画像接合する作業を行います。例えば、4分割画像であれば、この画像接合作業のためにオペレータが半日もの間ディスプレイと睨めっこして画像編集作業に専念することも希では有りません。4分割撮影であれば、3回もの接合作業が発生します。結果的に実際に行っている作業は、画像を歪ませて、見た目のズレを目立たなくさせる処理を行わざるを得ません。

 一方、オルソ・スキャナは、特殊なレンズ(テレセントリックレンズ)を使用しているため分割して得た画像はそれぞれが非常に寸法精度の高い画像です。そのため寸法正確なまま簡単に画像接合ができます。具体的には、まず、スキャン後の画像の回転角度を調整し向きを正確に揃えます(弊社専用アプリにより最小回転角度θ=1/30000 ラジアンに対応します)。 次に、合成したい画像を専用ソフトに放り込み、自動合成します。寸法精度と画像向きが揃っているため人為的編集作業は不要で、一発で画像が結合します。人的エラー要因の入り込む余地が無く、かつ寸法精度の高い画像が合成されます。

 また、この簡単な自動画像接合プロセスは、400ppiの画像はもちろんのこと、800ppiのスキャン画像であっても全く同様に行う事が可能です。高精細で、大きな被写体を撮影でき、しかも、極短時間に仕上がる画像は、美しい非常に寸法正確な画像です。

地図のサンプル画像:(79.5 x 108 cm , 800ppi) をぜひご覧下さい。

もし、現物を裸眼にて直視できたとしても、ここまで高解像度に見分けることは困難です。新世代のデジタルアーカイブ画像は、光学解像度、800ppi以上であることを弊社では推奨しています。そして、貴重な原本は、一度スキャンしたら厳重に保管します。一般閲覧者や研究者に対して、必要十分な子細画像情報を提供することが可能となります。

(6)立体物(高さ125mmまで、オプションで350mm)であっても、800ppi(もしくは1200ppi)もの光学解像度で高さ方向全域にピントの合った画像を得ることができます。

昆虫標本のサンプル画像は、60mmの高さがあるため、5mm毎の高さピッチで13回スキャンし画像を自動合成しています。

□動画:
YouTube 動画 (日本語): https://youtu.be/gaIb6egcmIs (3分51秒)

(*1)カメラ方式では不可能

■根拠:
[1] 撮影解像度(画素数と実寸法の関係)を校正するために被写体と一緒に写し込む定規の寸法精度(JIS2級)が±0.3mm/mである。
[2] 撮影時のレンズ光軸に対する、被写体の前後の距離変動によりパース歪みが生じる。
[3] 撮影時のレンズ光軸に対する、被写体平面の直交面からの傾きによりパース歪みが生じる。
この3点の要因を目標寸法精度(±0.1mm以下/1m )に納める場合に行う設置作業は、現実的な作業時間やコストで実施することが困難です。
詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.imeasure.co.jp/ortho/report.html

[図面、地図や部品を±0.1mの寸法精度で測りたい その方法]

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

第186回バンフーセミナー「Photoshopの非破壊編集と進化した“コンじる”」が終了しました

2017年5月24日(水)、ベルサール神保町で第186回 バンフーセミナーが開催され、『Photoshopの非破壊編集と進化した“コンじる”』をテーマに、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演しました。

Photoshopで直しに強いデータ作りには「非破壊編集」が不可欠です。調整レイヤー、スマートオブジェクト、スマートフィルター、ベクトルマスクなど、非破壊編集の基本から体系的に解説します。 一方、ここ数年の“Photoshopマジック”の中心となっている「コンテンツに応じる」(通称「コンじる」)は、バージョンアップにつれ、使われる場面が増えています。 DTP、Webなど分野を問わず、Photoshopをお使いの方なら、明日からすぐに役立つ考え方、テクニックをご紹介します。

アンケート回答のお願い

ご参加いただいた方は、ぜひ、アンケートへの回答をお願いします(デモデータなどをお送りします)。

アンケートの回答期限は、5月30日17時です(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。

リンク集

コンじる

画像アセット

スクリプト

ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識(Adobe Creative Station)

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

昆虫標本をオルソスキャナで800ppiスキャンして200%拡大ポスターを作ってみた

Dallvlyxgaa_rml

【写真:奧の小さいのが、オリジナルの昆虫標本(本物)、手前の大きいのが、オルソスキャナでスキャンした800ppi画像を200%拡大印刷してパネルに貼ったポスター。】

42x51cmの昆虫標本(奥行き6cm)を 200%拡大した ポスターを作ってみました。

なんと3日で手元に届きます。

オンデマンド印刷(恐らくインクジェット)で、パネルに貼って送料込みで6000円でした。

哀しかな、
・ネットで送付可能なファイル容量上限:150MB
・印刷解像度:250ppi
でしたので、圧縮率の高いJPEG画像です。

ちなみに、元データは、約 1.3万画素 x 1.6万画素 = 2億画素
なので、 200 M pixel * 24bit Color = 600MB です。
ネット上で閲覧可能な元画像(をタイルJPEGにした画像)は、これです。
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery8.html

ディスプレイで見えている高解像度な画像データを全てこの印刷物に乗せるためには、320%拡大印刷にする必要があります。
(計算: 800ppi / 250ppi  = 3.2 )
ただ、200%拡大でも、84x100cmなので、持ち運びしやすいパネルサイズとして、展示会用にはこれでヨシとします。
もし、320%拡大印刷するとなると、1.3x1.6mとなり、畳一枚くらいになるので、それはロール紙にして展示会の壁紙用にしようと想います。

#昆虫標本 #オルソスキャナ

【広告】

スキャニングサービスのお申込みはこちらまで。
今回の事例のように、
42cm x 51cm 高さ6cmの昆虫標本を
ケースのガラス板を取り外しせずに、
800ppi(32μm)の光学解像度で、
非接触 にてスキャニングを行い、
しかも、昆虫標本の鱗粉と 背景にある説明メモ文章の
両方にピントを合致させることのできる撮影装置は、
この世界に存在しません。
唯一、 オルソ・スキャナ だけがそれを実現できます。

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

懇親会会場

第42回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:つくね屋本舗 名駅店
   名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F(ウインクあいち 地下1階)
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 052-551-0390
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

Designers guide to DPI |画面解像度の話し

Website_image00290522_70358


WEBだけでなく、ドキュメントにも関係あるので
見ておいてソンないかな

http://sebastien-gabriel.com/designers-guide-to-dpi/

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加